・コンサルティングは、成功事例ばかりではありません。失敗することだってあるのです。
・素直さと熱意とスピードが、物事を成し遂げる要素す。
・コンサルタントは、理屈ではなく相手の本音に向き合うことです。

 

開業や業績回復などのために、企業やお店が経営コンサルティングを依頼をする場合がありますが、お願いすれば必ず問題が改善できるというわけではないようです。

コンサルタントにお願いすれば、何でも解決してくれると思ってしまうのは、仕方が無いことだと思います。困った時にお願いすることが多いので、藁にもすがる思いでコンサルタントに依頼するのですから、過度な期待をかけてしまうのです。
しかし、コンサルタントも当然失敗することがあります。業績を上げたいクライアントに、まず本質的な経営計画書を作成して、市場の分析、自店の分析、理念の再構築、顧客ターゲットの設定などから始めようとしたところ、クライアントからお断りの連絡をもらったとのことです。クライアントの求めていることとかけ離れた提案をしても、それは時間の無駄でしかありません。質問に対して、質問で返すようなものです。
クライアントの求めているのは、早急に売り上げを上げたいことで、そんな時に根本的な提案をしても、風が吹いたら桶や儲かるようなもので、説得力に欠けてしまいます。
冷静に考えれば分かることですが、一生懸命に対応しようとするコンサルティングは、相手のリクエストが見えなくなってしまうのかもしれません。
おすすめの記事
コンサルティング
  ・2020年春卒業予定の大学生らの就職活動で、大企業の採用選考が1日解禁された。 ・経団連が定める現行ルールの下では最後の採用選考となる...