こんにちは、都築寛史です。

こういったサイト開設にともない、ちょっと思っていたことをですね、まず書きたいと思いまして。

実は、私複数ブログ運営してるんですね。決して暇とかじゃないんですけども、決して!

そこで、思ったのが、本当に1番難しいこと。それ継続させることなんですよ。

一時期ほどではないにしろブログを始める人って結構いますよね。

しかしブログってなかなか長続きしないものなんです。文章を考えるのは結構な体力を消費することですし、更新頻度にもよるとは思いますが、それを毎日となるとメンタル的にもまいってしまいます。 「毎週何曜日に更新しよう」とか「週に何日更新しよう」などと目標を立てると今日はブログ書かなきゃ行けない日だなとまるで仕事のような義務感すら感じてしまうと思います。 そして今日はいいかなと思い一日書くことをやめると気づいた時にはどんどんブログから離れていってしまうのです。

中には文章を書くことが好きな人や文章を書くことで日常のストレス発散になっている人もいるかとは思いますが大半の人がこういった理由でやめていく人が多いのではと思います。

 

「では、なぜみんなブログを始めるのでしょうか?」

 

周りがやっているからとか有名ブロガーになってお金稼ぎがしたいなどいろいろな理由があるかとは思いますが多くの人はいろいろな人に読んで欲しい、自分を表現したいなどの承認欲求から始める人が多いのではないかと思います。 しかしブログは文章を考える事や書くことの労力に対して、すぐに周りからリアクションを受けられるわけではないのです。

ブログのようなストック型メディアは発信した情報を長い間見てもらえる可能性はありますがあまり瞬発力がなく、すぐに周りからのリアクションがあるわけではありません。 逆にSNSのようなフロー型メディアは過去の情報をさかのぼるのは大変ですが、発信した瞬間にタイムラインに表示されるのですぐに周りからのリアクションを受けることができます。

このような理由でブログと比べて、手軽で周りからのリアクションをすぐに受けることができるSNSは人気があり、長続きするのではないかと思います。 いいねの数など明確に承認欲求を満たすことができ、拡散することにより自分の想像以上にどんどん広がっていくことも大きな理由の一つですね。

どちらにもメリット、デメリットがあるとは思いますが、いろいろなことが目まぐるしく変化していく今の時代では、情報が積み重なっていくストック型メディアよりも、瞬発力があり最新の情報を得ることができ、拡散力のあるフロー型メディアの方があっているのですね。 

 

いきなりちょっと真面目な内容になってしまいましたが。

おすすめの記事
年齢
  初恋のような気持ちで人を好きになりたい… そう思っても、年を重ねるとなかなか思春期の時のように、恋愛に夢中になれなかったりするものだ。 ...
未分類
  26日午後9時40分ごろ、大阪市浪速区恵美須東3丁目の「MEGAドン・キホーテ 新世界店」の男性店員から「包丁を持った男が店内を徘徊(は...
インスタ
2018年の「インスタ流行語大賞」が選出された。SNSマーケティングを手がけるパスチャーが11月12日、発表した。 同社が持つ約40万語のI...
ツイッター
  生活保護費計59万円を着服したとして、千葉市は9日、中央区保健福祉センターの主事(25)を免職とするなど計5人を懲戒処分とした。 発表に...
企業
    日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者の逮捕は、同社の企業統治(ガバナンス)の問題点を浮き彫りにしている。このままでは消費者や投資...