・新潟県は13日、起業を支援するために「民間スタートアップ拠点」を設置する事業者の公募を始めた。 ・起業希望者にレンタルオフィスを提供したり、起業に関する相談に応じたりするなど、幅広く支援する事業者が対象。 ・新潟県は新設法人率が都道府県別で最低で、花角英世知事は起業・創業の支援に力を入れている。

 

新潟県は13日、起業を支援するために「民間スタートアップ拠点」を設置する事業者の公募を始めた。 起業希望者にレンタルオフィスを提供したり、起業に関する相談に応じたりするなど、幅広く支援する事業者が対象。 200万円を上限に、経費の3分の2以内で助成する。

 

 

 

引用元

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46063450T10C19A6L21000/

新潟県は13日、起業を支援するために「民間スタートアップ拠点」を設置する事業者の公募を始めました。起業希望者にレンタルオフィスを提供したり、起業に関する相談に応じたりするなど、幅広く支援する事業者が対象です。200万円を上限に、経費の3分の2以内で助成もするそうです。 理由は、新潟県は新設法人率が都道府県別で最低とのことです。 新潟県に新設法人が少ないということに驚きました。古い話でいえば、新潟県は田中角栄のイメージが強く、新しい会社をつくることにも積極的な地域だと勝手に思っておりました。それとも逆で、保守的な考え方が多く、新しい事業について消極てきなのでしょうか。 どちらにしても、県が応援をして推進していくという点は、とてもいいことだと思います。

 

 

おすすめの記事
Twitter
ニューヨーク市警が公開した婚約指輪の写真/NYPD(CNN)米ニューヨーク市の繁華街タイムズスクエアで恋人にプロポーズした男性が、婚約指輪を...
血液型
「A型は几帳面」「O型は大ざっぱ」など、日本人は“血液型”で性格を判断することが少なくありません。 しかし2014年には社会心理学者が日米1...