・子供専用の医療保険は、保険会社によって「キッズ保険」や「ジュニア保険」、「子供保険」などとも呼ばれていって、保険料は安い。
・学資保険の補填に使われることもできる。また、相続税対策にもなる。
・自治体負担で医療費は無料、また子供が入院する確率は0.17%なので、保険が必要かどうか、よく検討したほうがいい。

 

子供の医療保険が必要か否かは、各家庭の経済事情やその方の考え方によって変わってくる。自分自身に置き換え、よく検討してみよう。

子供の医療保険が安い保険料でありますが、本当に必要なのでしょうか。子供が入院して差額ベッドが必要になる場合や子供保険からそのまま通常の保険に切り替えられるなどが考えられるけど、基本は子供の医療費は自治体が負担するので無料になります。
また、何年か後の相続税対策も考えられるます。学資保険の補填するものとしても活用できるようです。
メリットも多くありますが、本来の医療保険として必要なのかは疑問です。
子供のことを考えるのは親の役目ですが、ここまでお金をかけられることは、家庭によって事情が違います。
子供の医療を考慮しての保険として考えるよりも、投資や節税として必要かどうかを考えた方がいいと思います。
それでなおさら、家庭によって判断は変わるでしょう。
おすすめの記事
BLOG
  企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」は10月22日、「コンサルティング業界の年収ランキング」を発表した。 本ランキングは、「キャリコ...
インスタ
    日本の近代化を支えた産業遺産が多くある川崎市臨海部の工業地帯で「インスタ映え」のスポットを巡るバスツアーが11月に開かれる。川崎区役...
企業
  どんな会社にも存在する「企業理念」や「事業ドメイン」ですが、これらがブレると経営が途端におかしくなるとするのは、無料メルマガ『がんばれス...
株式会社
  日本KFCホールディングスの平均年間給与はいくらか 日本KFCホールディングス(提出会社)の2018年3月31日時点での平均年間給与は5...