・特殊詐欺事件では、高額アルバイトと称して高校生や大学生が犯行グループの末端で現金を受け取る実行役に勧誘され、軽い気持ちで犯行に加わってしまうケースも目立つ。
・保護者が子供の異変に気づくことが歯止めとなるが、そのためには日常的に家庭内のコミュニケーションを円滑にしておくことが肝心だ。
・令和の時代になっても犯行の勢いが衰える気配はないのが現状だ。

 

特殊詐欺事件では、高額アルバイトと称して高校生や大学生が犯行グループの末端で現金を受け取る実行役に勧誘され、軽い気持ちで犯行に加わってしまうケースも目立つ。保護者が子供の異変に気づくことが歯止めとなるが、そのためには日常的に家庭内のコミュニケーションを円滑にしておくことが肝心だ。

未だに減らない特殊詐欺事件では、高額アルバイトと称して高校生や大学生が犯行グループの末端で現金を受け取る実行役に勧誘され、軽い気持ちで犯行に加わってしまうケースが目立ちます。保護者が子供の異変に気づくことが歯止めとなるが、そのためには日常的に家庭内のコミュニケーションを円滑にしておくことが肝心です。
高額アルバイトにスカウトされて、簡単に乗ってしまい受け子として犯行に加担してしまう。そんな世間のニュースを家庭で話すこともできない程、普段のコミュニケーションがとれないのでしょうか。それより、そのようなニュースを高校生や大学生になっても知らないことも問題ではないでしょうか。
子供の異変に気づいて歯止めをする以前に、やるべきことがあるように思います。
世の中のニュースを知る能力を子供に身に付けてあげないと、いつまでも問題解決になりません。
保護者が子供を、小学生のようにいつまでも目を光らせて見ていないといけない、それは間違っています。
世の中には、悪い事が沢山あって、その罠があまた存在していることを学んで欲しいです。そしてそれらの悪から、自分の判断で避けて生きる術を身に付けることが、一番大切なことだと思います。
おすすめの記事
インスタグラム
    おじさんインスタ 一体何の写真? おじさんが発信するタグなしインスタに若者が困惑中 インスタ映えという言葉が話題となって以降、とりあ...
BLOG
  これは大成功!? 好意的な声ばかりが寄せられている。 タレントの有村藍里が3月3日、自身のブログで美容整形手術を受けたことを告白。同日放...
起業
    世界最大の新興市場である米ナスダックの中でも飛び抜けて時価総額の多い企業をFAANGと呼称することが一般的になってきている。Face...
ブログ
  タレントの熊田曜子さん(36)が、幼い娘3人を児童館に連れて行ったところ、大人1人なら子供2人と制限されて入館できなかったとブログで報告...