東京都渋谷区は2月27日、一部が暴徒化したハロウィンへの対応を議論する「第一回 渋谷ハロウィン対策検討会」を区役所内で開いた。座長には、NPO法人おやじ日本の理事長・竹花豊さんを選出。検討会は、6月をめどに提言をまとめる。

会の冒頭で長谷部健・渋谷区長は、「あのエネルギーをしっかりと街のポジティブなパワーに変えていけたら、こんな素晴らしいことはないと考えている」と自身の考えを話した。

その上で、長谷部区長は「この先、中止、もしくはイベント化するなど、もっと秩序を持って(ハロウィンを)開催できる方法を議論していただきたい」と出席者に呼びかけた。

竹花さんは、「これまで区は受動的な立場でハロウィンを見てこられた。しかし、商店街の意見などを聞いていると、区が何らかの形で強く介入することが必要になっている」と意気込む。

初会合では「中止にするという意見は今のところ出ていない」という。

検討会は今後、議論を重ねた上で、6月をめどに提言をまとめる。

渋谷区のハロウィンは、当日となる10月31日の約1週間前から、仮装した人たちが集まり、街を練り歩くことが「名物」となっている。

しかし、ここ数年、一部の参加者が過激化し、犯罪行為や迷惑行為が問題になっていた

2018年には、渋谷駅前で軽トラが横転させられるなどの騒動が起き、逮捕者も出ている。

住民からはハロウィンの中止や禁止を求める声が相次ぎ、長谷部区長も「(街の人たちの)努力や思いを踏みにじる一連の行為は、到底許せるものではありません」と声明を出していた

 

引用元

https://www.huffingtonpost.jp/entry/shibuya-halloween-solution_jp_5c75f748e4b08c4f55552f9d

これは衝撃でしたね。

お酒はいるとわけわからなくなりますよね。

お酒は怖いですね。

 

おすすめの記事
ブランディング
  年の差カップルも珍しくない現代ですが、20歳上の彼氏と結婚となると、子どものことや老後の生活などで不安になるかもしれません。 ですが、年...
起業
  近年、パソコンやスマホでどんな作業もこなせるようになったこともあり、起業をするハードルが随分と低くなったように思える。しかしいきなり起業...