こんにちは都築寛史です。

 

・ラグビーワールドカップ日本大会で3位に入ったニュージーランドでした。
・史上初の3連覇を狙った最強軍団は大会を大いに盛り上げましたが、大会後に銀座に出没しました。
・ジョーディー・バレットが3位決定戦から2日経った3日にインスタグラムで、観光客のように8人で撮った銀座歩行者天国での集合写真を公開しました。

 

投稿では「仲間」と一言添えて画像を公開。目の当たりにした海外ファンからも「オフを満喫してね」「この写真撮り終わった後は道路でラグビーをするだろう」「やばい写真!」とコメントが上がり、さらに「おー、これが噂の歩行者天国?」と珍しい文化に関心を寄せるファンも。日本からも「感動をありがとう」と感謝の声が届けられていた。

 

盛り上がったラグビーワールドカップも終わり、ラグビーロスになっている人もいるそうです。そんな中、ニュージーランドの選手が、ワールドカップの終了後2日たった日に、銀座の歩行者天国に観光に行き、記念撮影した写真をインスタグラムにアップして話題になっています。
その写真は、3連覇を逃し3位になった結果に落胆しているようすはまったく感じられず、日本を満喫している笑顔が溢れています。まさしく絵にかいたようなノーサイドを表わしています。
インスタグラムの写真は、日本の歩行者天国が珍しいとのことでも話題になっていて、海外からこれが歩行者天国かと話題が殺到しています。
スポーツの試合の後は、必ず勝者と敗者が生まれます。それでもこのようなニュージーランドのプライドのある敗者の姿は、心地よい感情を与えてくれます。これこそが、スポーツが目指す本来の姿なのだと思います。
いよいよ来年の東京オリンピックに向けて、試合の勝ち負けに揺れる機会が多くなりますが、負けた時に問われるのがその姿勢だと思います。そんな時に、このようなニュージーランドの選手たちのように、誇りある敗者になって欲しいと思います。

 

 

 

 

 

おすすめの記事
Instagram
  女優の剛力彩芽が6日、東京・表参道ヒルズで行われた「イヴ・サンローラン・ボーテ」スペシャルイベントのオープニングセレモニーに登場した。 ...