・医学雑誌『JAMA』が9月16日、調査結果を明らかにしたところ、アメリカで「16人に1人」の女性が、初めての性行為でレイプの被害を受けていたことが分かりました。
・調査は、2011年9月から2017年9月にかけて行われ、アメリカ政府が実施した健康調査に参加した18歳から44歳の女性、1万3310人が対象です。
・性的暴力は、学校や大学、そして職場で男女平等が成し遂げられるまではびこるものであるのです。

 

アメリカで「16人に1人」の女性が、初めての性行為でレイプの被害を受けていたことが分かった。医学雑誌『JAMA』が9月16日、調査結果を明らかにした。

アメリカの調査結果によると、6.5%に当たる女性が、初めての性行為が強制されたものであったと報告されました。これは、調査したアメリカ人女性全体の16人の1人の割合です。
とても多い割合に驚きました。女性にとってレイプは、トラウマになったり、HIVや性感染症に掛かるリスクが高まったり、子宮内膜症や月経障害などに長期に渡って悩まされたとのことです。
レイプはとても悲惨なことで、戦争などの異常事態にだけ起きるのではなく、通常の生活に潜んでいるのだと思います。
女性にとっては、人生が変わってしまう程の出来事で、身体も心も傷ついてしまいます。男は、そんなことを知っていながら自分の欲望が勝ってしまい、卑劣な行為をしてしまいます。自分勝手の最たるものです。
男女平等をシステム的に創ってみても、やはり女性はか弱い生き物なのです。それを力で強いる男は、人間ではなく動物です。
そんな男に対しては、重罪を科すべきだと思います。
おすすめの記事
未分類
  元モーニング娘。で歌手の福田明日香さんが1月26日、すらりとした美脚が印象的なショットをブログで公開しました。このスタイルはうらやましい...
ツイッター
  新潟県警が保護した犬について、「えさも水も与えられずに衰弱した」という内容の投稿がツイッターで拡散し、県警に苦情の電話やメールが相次いで...