・起業に適した国をランク付けした新たな調査で、英国は13位に甘んじたのだ。
・起業に最適な国とされたのは米国だった。
・欧州ではベルギーとアイルランドが上位に入っている。トップ5には他に、カナダとフランスが入った。

 

英国の起業家が新規事業を立ち上げる際、成功の可能性を最も高めてくれるものは何だろう?
その答えは、他の国に移ることかもしれない。起業に適した国をランク付けした新たな調査で、英国は13位に甘んじたのだ。

引用元

https://forbesjapan.com/articles/detail/27526

 

カード決済サービスを提供するペイメントセンスがまとめたこのランキングでは、英国は起業家にとってさまざまなメリットがある一方、新企業の5年生存率が非常に低いことが示されました。起業に適した国をランク付けした新たな調査で、英国は13位に甘んじたのです。
起業に最適な国とされたのは米国だった。欧州ではベルギーとアイルランドが上位に入っている。トップ5には他に、カナダとフランスが入った。
英国が他国より劣っていたのは、新たに立ち上げられた会社のうち、起業から5年後も生存する会社はわずか43%だということが示されている。一方、米国での5年生存率は51%、ベルギーでは64%、アイルランドでは80%だ。
日本がこのランキングで何位になっているのか、また対象国になっていないのか明記されていないが、ランキング入りしている国に比べてどうなのかを知りたいと思いました。
どこの国でも起業することはとても大変なことですが、アイルランドの5年後の生存率は、とてもすごい数字だと思います。

 

おすすめの記事
Twitter
これはガチで危ない? 1月2日、安田大サーカスのクロちゃんが「橋本梨菜ちゃんに会いたいしん! なにわのブラックダイヤモンド」とツイートした。...