・屋台は、かつて日本中で一般的だった運搬式レストランでした。
・現在では日本の南西部にある福岡市で生き残っているが、1960年代に400ほどあった屋台が今では100以下になってしまいました。
・福岡市長は屋台を応援する方針を打ち出し、2016年には数十年ぶりに新規の営業許可が認められました。

 

何年も前は、主に常連客やビジネスマンが店に来ていたが、最近では日本国内や、中国や韓国などの近隣諸国からの観光客が大部分を占めるようになった。

かつて日本中で一般的だった運搬式レストラン屋台が、姿を消してしまい福岡だけで頑張っています。その福岡の屋台も全盛の頃は400ほどあったものが、今は100ほどになってしまいました。それで福岡市長が2016年に新規の営業許可を出して、今では既存のスタイルとは異なる屋台が営業を始めているようです。ガストロパブ屋台やフレンチ屋台など、今までにない屋台が営業をしています。
屋台は、安く呑めたり食事ができることが一番のウリですが、本当は屋台の中の人間のコミュニケーションが一番いい所だと思います。
今では、外国人観光客が日本人との接点を気軽にもてる場所として、屋台に来るようです。それは、常連の客も入れない程にいっぱいになることがあるそうです。
所謂、日本の銭湯文化と同じだと思います。顔見知りが集まってきて、他愛もない話をする楽しみが、日本人には文化として持っているのです。今はそれを外国人観光客に取られているのかもしれません。もう一度、その中に日本人も積極的に参加して、コミュニケーションを楽しみましょう。
おすすめの記事
企業
会社を変えるにはまず、企業文化とマインドから 司会者:こんにちは。本日は、「次の100年は女性が作る『パナソニックのカルチャー&マインド改革...