・インスタグラムでのインフルエンサーの影響力が低下している。
・2016年と比較すると、広告記事に対するエンゲージメント率は4%から2.4%に低下。広告ではない投稿に至っては、4.5%から1.9%に激減している。
・北欧ノルウェーでは、インスタグラムやブログでのインフルエンサー議論が熱を帯びている。

 

2016年と比較すると、広告記事に対するエンゲージメント率は4%から2.4%に低下。広告ではない投稿に至っては、4.5%から1.9%に激減している

北欧のノルウェーでは、インスタグラムのインフルエンサーの影響力が低下しているそうです。2016年との比較でも、広告の記事に対するエンゲージメント率は4%から2.4%に低下しています。
ノルウェーでは、日本と違って新聞記者が、インスタグラマーを自分たちと同じように、社会への影響力に自覚を持つべきで、責任感をもつべき、と考える傾向にあるようです。
日本では、新聞記者が自分たちと同じ立場でインスタグラマーを、影響力があるとは見ていません。自分たちとは別の立場のものという見方をしています。
ノルウェーでは、若者への影響が理由で、インフルエンサーへの批判がかなり厳しく展開されています。
若者のメンタルヘルスへの悪い影響がたくさん存在していて、もはや良い影響はないと辛辣な批判をしています。
影響は、良い事より悪い事の方が伝わりやすいし、早いです。
ただ驚くことは、インフルエンサーに若者がそれほど影響されている実態があることです。
それに対して日本でも、インフルエンサーの影響が現在どこまであるのか分からいですが、多かれ少なかれ若者の判断や美的評価が左右されていることは間違いないでしょう。
ノルウェーの記者による批判までは必要ないかもしれませんが、インフルエンサーに既存のメディアが批判的な目を向けて評価をすることも必要なことだと思います。
それぞれが辛辣な批評をするのではなく、監視の目を光らせることが大事なのだと思います。
おすすめの記事
ブランディング
 エリートイケメンは好きですか? 好きですよね(笑)。  エリートといえば、会社からの期待も強く、部下からの信頼も厚く、常に大きなプレッシャ...
インスタ
  茨城県水戸市三の丸にあるスタンド酒場「ニューもっさん」に、毎日のように女子高生の長い行列ができる、ともっぱらの噂だ。昼飲みのオッサンたち...
企業
    イメージだけで判断することは、危険である 営業マンのみなさんは、訪問する会社のイメージだけで、いろいろなことを判断してはいないでしょ...
BLOG
   ステージ4の口腔(こうくう)がんを公表したタレントの堀ちえみさん(52)が22日、手術を受けた。同日夜、自身のブログで堀さんの夫が「無...
ブログ
  タレントの渡辺美奈代(49)が8日、自身のSNSを更新。投稿された写真が話題となっている。渡辺は年明けから家族でハワイ旅行を満喫中。その...