急速に知名度を上げた画像投稿SNSのインスタ。「インスタ映え」という言葉も定着し、利用者も急増中だ。しかし、メインユーザーの女性たちのなかには、生活が一変した例もあった!

フォロワー増のために借金やパパ活までする

インスタ地獄「ちょっと待ってください」都内の私大3年生・ミエさん(21歳)は、こちらの話を遮ると、運ばれてきたカフェラテをスマホで撮影し始めた。何度かシャッターを押し、うち1枚をインスタグラム(以下、インスタ)にアップした。

 インスタは今や国内の月間アクティブユーザー数が1600万人を突破。「インスタ映え」などの言葉も登場し、大企業や飲食店、観光客を誘致したい自治体もこぞって活用。日本の消費動向はインスタ抜きでは語れない状況だ。

「ここ1年で、企業はかなりインスタを意識するようになった。写真をアップしてもらい、ハッシュタグで拡散すれば、安上がりで効果的に宣伝できることに気づいたからです」(SNS事情に詳しい千葉商科大学専任講師の常見陽平氏)

 そして今、ミエさんのような若い女性の多くは、インスタを中心に生活や人生が回っているといっても過言ではないのだ。彼女を目下、悩ませているのが就活だ。

「アパレルとネット系広告の2つの企業を志望しているんですが、どちらもインスタを使った採用活動をしている。なので、それぞれの企業用に、就活用のアカウントを育ててます。アパレル企業用にはオシャレな友達とのみ繋がり、その企業のブランドの服を着た写真を中心にアップ。ネット系広告用のアカウントではフォロワー数重視で誰とでも繋がり、いろんなイベントで撮った写真をアップしまくってフットワークの軽さをアピールしています。就活用に10アカウントくらい育てているコもいる。インスタを見て、リクルーターから直接メッセージが来ることもあるので気が抜けない。正直、疲れますね。友達はインスタの投稿ばかり気にするようになって、うつ状態になってます」

 ミエさんの言う通り、採用にインスタを取り入れる企業が増えているのだ。フォロワーが1500人以上いる就活生だけが参加できる「インスタ就活」なる合同説明会も複数回行われている。同イベントの参加企業には、伊藤忠やソフトバンク、サイバーエージェントなど有名企業がズラリ。ほかにも、直接インスタ上でエントリーを受け付ける企業も多い。就活塾「内定ラボ」代表の岡島達矢は、企業側の意図をこう説明する。

「インスタ採用は、ITやアパレルなどトレンドに敏感な業界、またWEBマーケティングに注力する企業に事例が目立つ。『インスタ採用』という目新しさをフックに情報収集力の高い学生を確保し、発信力などを見極めたいのでは」

一人でイベントに行き、見知らぬ人と撮影

 インスタでライフスタイルが一変した女性もいる。今夏、高額な入場料にもかかわらず、インスタ映えのために女性がナイトプールに押し掛ける現象が話題となったが、神奈川県在住の派遣社員・エミカさん(24歳)も、この夏だけで4回もナイトプールに出掛けた。

「キラキラしてて女性受けもいいし、何より水着姿なので男からフォロワー申請や『いいね!』がたくさんつく。入場料が1万円以上するプールもあって、夏で貯金が尽きた(笑)。4回目は友達にお金を借りて行きましたからね」

 ほかにもエミカさんはインスタで注目されるための数々のテクニックを実践している。

「お金はかかるけど手っ取り早いのは、定価5000円くらいの化粧品なんかをメルカリで安く買って『お譲りしますので欲しい人はフォローして』って書き込むこと。ハロウィンやサッカーのパブリックビューイングなんかに一人で出掛けて、いろんな人と親しげな写真を撮りまくってリア充をアピールするのも効果的。あとは、太ももや胸の谷間をさりげなく見せるライトエロ。やりすぎると女性から反感を買うけど」

 インスタ出費がかさみそうだが、そこまでしてフォロワーを増やすのはなぜか。エミカさんの目下の目標は466万人のフォロワーを擁する、彼女が“神”と呼ぶモデルの水原希子に「いいね!」をもらうことだ。自身の投稿が彼女に届くよう、とにかくフォロワーを増やしたいのだという。彼女のフォロワーは現在、600人だ。

さらに取材を進めると、もはやインスタ依存症ともいえる女性にも出会えた。建設会社のOL・アヤカさん(24歳)のフォロワーは1800人と多い。芸能活動をしているわけでもないのになぜ?

彼女の投稿した画像を見てみると、ある日はミシュラン3つ星のレストランでパチリ、別の日はクルーザーに乗ってシャンパングラス片手にパチリ……。同世代の女性に羨望の念を抱かせるような写真の数々が、彼女のフォロワー数を押し上げているようだが、OLがなぜこんな贅沢ができるのか。

「これ全部、『インスタパパ』に連れていってもらってるから」

あっけらかんと答えた。インスタパパとは、彼女の活動を支えるパトロンのことだ。

「パパ活サイトで知り合った人に、とにかくインスタ映えするところに連れてってもらって、写真を撮りまくる。もちろんパパは絶対写り込まないようにする(笑)」

彼女によると、パパを選ぶ基準はお手当の金額よりもインスタ映えする場所に連れていってもらえるかどうかで、継続的に連れていってくれそうなパパなら、体を提供することもある。パパたちからもらうお手当は、月6万円のエステのローンほか、美容関連の出費にとすぐに消える。

「顔や体のパーツがキレイなほうがフォロワーが増えるのは当たり前ですよね。だから自分磨きは頑張りたい。今、顎を細くする整形をしようか迷っている」

紹介した彼女たちの執念について、筑波大学教授で社会学者の土井隆義氏はこう指摘する。

「人間の承認欲求は従来、親や先輩のように超越的な他者から認められることで満たされるものだったが、社会が複雑化し価値観が多様化している現代社会では人間関係がフラットになった。対等な相手からの承認はその価値が低く、代わりに数を稼ぐことで満たそうとする。そこにインスタはマッチしたのでしょう。ただし承認を得るための情報源が写真に限られるため、目を引こうとして“装飾”がエスカレートしやすいのでしょう」

キラキラインスタ女子の裏側には、地獄絵図が広がっている!?

風俗から詐欺まで怪しい業者も跋扈!

 日本での月間アクティブユーザー数は1600万人以上、世界では7億人以上となったインスタだが、企業などがビジネスに活用することも当たり前になっている。一方で、売春産業や犯罪組織、詐欺集団などが目をつけ始めていた!

●仮想通貨系マルチ
仮想通貨を商材にしたマルチ商法グループが跋扈するなか、インスタを利用した勧誘が盛ん。札束の写真や高級ブランド品、パーティの楽しげな様子を投稿し、集まってくるフォロワーを勧誘していくという手法だ

●風俗嬢
営業ツールとして風俗嬢が仕事用のインスタアカウントを持つ例も増えている。客にアカウントを教え、定期的にセクシー画像などを投稿する。店側が一括して管理している場合も。どちらも集客の新手法となっている

●アダルトサイト
インスタで海外の見知らぬ女性からフォローされたことはないだろうか。投稿を見るとセクシーな写真ばかり……。実はこの多くがアダルトサイトへ誘導するための偽装アカウント。プロフィールのリンクを押さないように

●副業詐欺
主婦を狙ってコメント欄に「在宅副業で●万円!」などと勧誘メッセージを入れてくる偽セレブアカウント。連絡すると初期費用やシステム利用料がかかることが告げられる。幼児の写真を載せていると狙われやすいとか

●麻薬売買
日本ではないが、アメリカやイギリスではインスタ上での麻薬売買が急増しており、若者たちを汚染している。業者は薬物の画像を投稿し、検索で見つけてきた人がコンタクトをとるというシンプルな仕組みだ

 

引用元

https://nikkan-spa.jp/1409184

Instagramってそんなに良いんですね。

まだ良さが分からないことだらけです。

 

おすすめの記事
ツイッター
  お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(45)、人気モデルの飯豊まりえ(20)が26日、東京・港区のスターライズタワーで行われた...
企業
  年間約20億円の役員報酬のうち、有価証券報告書(以下、「有報」)で開示するのは約10億円にとどめ、残りの約10億円を退任後に受け取る──...
Instagram
  実業家の堀江貴文氏が自身のインスタグラムで、一般ネットユーザーに暴言を吐いていると話題になっている。  堀江氏は15日に投稿したインスタ...
Twitter
  ハロウィーン前週末となった27日夜から28日朝にかけて仮装した若者らで混雑し、一時騒然となった東京都渋谷区が、ハロウィーン当日の31日に...
インスタグラム
  2018年は副業元年と言われているが、実際には副業をしたくても、何をどうすればいいのか分からないという人が多い。そこでオススメなのが「自...
企業
  帝国データバンクは10月15日、最低賃金改定に関する企業の意識調査(2018年)の結果を発表した。調査期間は2018年9月13~30日、...