・福岡市の経営コンサルタント会社「WINカンパニー」社長の川崎大資(だいし)容疑者(51)が、複数の保育所の助成に関して虚偽の報告を重ね、国の助成金を不正に受給していたことが関係者への取材でわかった。
・特捜部は近く、助成金を不正受給したとする詐欺容疑で、川崎容疑者を再逮捕する方針を固めた模様だ。
・福岡市中央区の保育所の整備費について不正受給と認定。7月5日付で助成決定を取り消して返還を命じた。交付額は計約1億3千万円にのぼる。

 

川崎容疑者は今月3日に詐欺容疑で逮捕された。容疑内容は昨年10月、企業主導型保育所の開設資金を調達するため、横浜市の信用組合に対し、虚偽の「助成決定通知書」を提出して約1億1千万円の融資金を詐取したというもの。 特捜部は勾留期限の23日にも詐欺罪で起訴する方針だ。

企業主導型保育事業をめぐる融資金詐欺事件で、東京地検特捜部に逮捕された福岡市の経営コンサルタント会社「WINカンパニー」社長の川崎大資(だいし)容疑者(51)が、複数の保育所の助成に関して虚偽の報告を重ね、国の助成金を不正に受給していたことが関係者への取材でわかりました。
関係者によると、川崎容疑者は、内閣府から事業を委託されている公益財団法人「児童育成協会」に保育所の整備費の助成を申請。工事の進捗状況を報告する際、虚偽の現場写真を添付するなどして工事が進んでいるとみせかけ、助成金をだまし取った疑いがあrます。
コンサルティング業として、最低なことでしょう。
考えられるのは、本来のコンサルティングの業務はしていないでしょう。この助成金を搾取するために、コンサルティング会社を設立したのではないでしょうか。
一般の人にとっては、コンサルティングと名乗られると、安心してしまうことがあるでしょう。
商品を作っているわけではないので、見えない価値を勝手に想像してしまう傾向があると思います。それがこのような悪い人間は利用するのでしょう。
コンサルティングの価値を判断する材料を、何か作れないかと思います。それがあれば、安心して依頼ができると思います。
おすすめの記事
インスタ
タレントの重盛さと美が12月4日、自身のインスタグラムを更新し、ファンの「妄想爆発」を激しく誘っている。 「この日は《♯携帯に入ってた謎の自...
Instagram
    フリーアナウンサーの加藤綾子が、11月1日に自身のオフィシャルInstagramを更新。後輩のフジテレビ永島優美アナウンサーとランチ...