・小泉進次郎氏の「セクシー」発言は、コンサル業界では多用されると筆者
・スベった理由は「セクシー」が具体策のあるときに使う単語だからだと指摘
・「これからセクシーな政策を考えます」と話すのはダサい言い方だと説明した

 

小泉進次郎環境大臣がニューヨークの国連本部で開かれた環境関連の会合で「政治にはさまざまな問題があって時に退屈だが、気候変動のような大きな問題への取り組みは、楽しく、かっこよく、そしてセクシーでもあるべきだ」と発言したことが話題になっています。

小泉進次郎環境大臣がニューヨークの国連本部で開かれた環境関連の会合で発言したセクシーが話題になっています。このセクシーの言い方は、コンサルティング業界では普通に使われている言葉なのだそうです。
ただ小泉進次郎が間違ったところは、セクシーの言葉を使う人は、具体的な行動が伴っている人なのだそうです。
環境問題は、今やそんな感覚的な言葉で表すレベルではない時期にきていると思います。
今日明日にでも、すぐに実践していかなければ、地球の未来がどんどんなくなっているのです。
そんな会合の席上で、自分の意見を述べなければいけない時に、使う言葉ではないと思います。
具体的なことを明確に語ることは、コンサルティングにとっても命取りになることもあるので、セクシーという感覚的な言葉を多用するのでしょう。
おすすめの記事
未分類
  2月24日、AbemaTVのレギュラー番組『給与明細』#41が放送された。 怪しくも稼いでいる人や仕事に斬り込みその給与を暴く番組『給与...
誕生日
  フリーアナウンサーでタレントの美馬怜子が、15日に結婚と妊娠を所属事務所を通じて発表した。 美馬は「突然このようなご報告を書面でいたしま...