こんにちは、都築寛史です。

・仙台高裁の岡口基一裁判官が自身のツイッターで、殺人事件の遺族の心情を害する投稿をしたとして昨年3月に処分を受けました。
・同じ遺族が25日に都内で会見を開き、「フェイスブックで再び中傷された」として抗議したことを明らかにしました。
・岡口氏はすでに今回の投稿を削除し、FB上で「使うべき表現ではなかった」と謝罪しました。

自身のツイッターで殺人事件の遺族の心情を害する投稿をしたとして昨年3月に処分を受けた仙台高裁の岡口基一裁判官(53)について、同じ遺族が25日に都内で会見を開き、「フェイスブック(FB)で再び中傷された」として抗議したことを明らかにした。

自身のツイッターで殺人事件の遺族の気持ちを害する投稿をしたとして、昨年3月に処分を受けた仙台高裁の岡口基一裁判官ですが、同じ遺族に対して、フェイスブックで再び中傷されたとして25日に都内で会見を開き、再度中傷を受けたと抗議したことを明らかにしました。
3月に処分を受けていながら、またフェイスブックで同じことをするということは、岡口基一裁判官はまったく反省をしていないということです。このような裁判官がいることに恐怖を覚えます。
この裁判官は、何をどうしたいのでしょうか。処分を受けたのばかりで、もう忘れてしまったのでしょうか。
何を考えているのか分からない裁判官ですが、きちんと裁判官を処分しておかないと、今後のSNSでの中傷記事などの裁判があった時に、犯人対してどのように対応するのでしょう。
裁判官も、もちろん間違えることがあるかもしれません。しかし、間違った時に修正しておかないと、これからすべての判例になってしまいます。
遺族の気持ちを考えたら、なぜこんなことをするのか意味不明です。自分の考えがあるのでしたら、きちんと司法のルールで行うべきではないでしょうか。
それでこそ裁判官であり、本人が気づかないのでしたら、周りが指導するべきではないでしょうか。

おすすめの記事
未分類
  モロッコの警察当局はこのほど、17歳の少女を2カ月にわたってレイプ・拷問したとして、未成年者を含む12人の男を逮捕した。 被害者のハディ...
企業
社員に就業時間中の喫煙を禁じる企業が増えている。「たばこ休憩」に伴う生産性の低下が解消できるだけでなく、社員が健康になれば、医療費などの社会...
血液型
■浮気、遅刻しがちなのは? あくまでも番組調べの統計上、断言はしないとしたうえで、さまざまな調査が実施されていく。 「よく遅刻する」血液型は...
未分類
  僕が初めて起業したのは社会人2年目の7月。23歳の時だ。 当時、お世話になっていた人の誘いで訳も分かっていない状況だったので、当時は完全...
インスタ
  女優でモデルの佐々木希が自身のインスタグラムを更新し、友人たちと行ったクリスマスパーティーの写真をアップした。 インターネット上では、投...