こんにちは、都築寛史です。

・働く世代が人生100年時代を迎えるために、やるべきこと、知っておくべきこととは?
・食べるための仕事より、情熱を持てる仕事を持ちましょう。
・「稼ぐ力」「殖やす力」「知って得する力」を意識して、他人と比べない生きかたをしましょう。

だが、「これから転職、結婚、住宅購入などを考えている世代こそ、人生100年時代に備えて、いますぐライフプランを見直すべき」と語るのが、20年以上ファイナンシャルプランナーとして活動してきた黒田尚子さんだ。

働く世代が、人生100年時代を迎えるために、やるべきこと、知っておくべきこととはをファイナンシャルプランナー黒田尚子さんが語っています。
仕事の面で、食べる為だけの仕事より、情熱を持てる仕事を探す。年収の20%を貯蓄や投資にまわす。健康は若い時から気を付けておくと、老後に差がでてくるとのこと。また年金だけをあてにしない生活設計をつくることが大切で、そんな様々な準備をしておくことが、大事であるとのことです。
お金と健康と生きがいがあれば、何歳までも楽しく過ごせることは間違いありません。しかし、もうひとつ他人とのコミュニケーションが必要となってきます。年齢を重ねていくと、徐々に友人も減っていくことになっていくので、将来孤独を味あわないように多くのアンテナを立てて、コミュニケーション力を高めておくことも大事だと思います。
お金と健康と生きがいは、コミュニケーションを生むことができるので、人生の後半に心配はないでしょう。
しかし、生きがいとなる仕事を続けていくには、どの仕事情熱を持てるを見つけないといけません。
また、早くからこの設計で進めていくことも大切なことかもしれません。

おすすめの記事
未分類
  転職サービス「デューダ(doda)」を運営するパーソルキャリアが、平成30年間におけるオフィスファッションの変化をまとめた。バブル期に始...
インスタ
  女優でモデルの桐谷美玲(28)が自身のインスタグラムを更新し、1枚の写真をアップ。インターネット上では、「タトゥー入れたの?」「怖い」な...