・どうしても子どもが言うことを聞かない時、親はつい「いい子にしてないと警察に逮捕されるよ」のような嘘をついてしまうことがあります。
・このような嘘は一時的には子どもに言うことを聞かせられるかもしれませんが、長期的に見ると悪影響を及ぼすという研究結果が発表されました。
・子どものころに親から多くの嘘をつかれた人は、大人になってから親に嘘をつきやすく、問題行動をする傾向がみられました。

 

こうしたうそは一時的には子どもに言うことを聞かせられるかもしれませんが、長期的に見ると悪影響を及ぼすという研究結果が発表されました。

親が子供に対して、嘘を多く言っていると子供が大人になった時に、親に嘘をつくようになり、問題行動を起こす確率が高くなるとの研究結果がでたそうです。子供が駄々をこねた時に、どうしても他愛もない嘘を言ってしまうのがほとんどの親だと思います。
しかし、そのような安易な気持ちで言った嘘が、いつか子供にバレテしまい、心に影響を与えるのでしょう。
嘘をつくことは、もちろんいけないことではありますが、嘘も方便で言った方が物事を進めることがあります。厳密に言えば、他人対して頑張れと声をかけることも心意から言っていない時があります。それも嘘になってしまうのでしょうか。
ただ、助ける方法が見つからない相手には、頑張れとしか言いようがありません。そこで本音を言って、多分いくらやっても無理だと思うよ、などと言ったらそれこそ思いやりのない奴と思われてしまいます。
人を騙そうとして言う嘘はいけないことですが、思いやりのある嘘もあるのではないでしょうか。それは、子供には伝わらないかもしれません。
おすすめの記事
企業
    仕事柄、学生に就職活動体験談を聞かせてもらう機会が多いのですが、学生との会話の中で「練習のために受けた企業…」というフレーズを聞くこ...
BLOG
  タレント・キャスターのホラン千秋が公開した「自作の弁当」が話題を呼んでいる。 自身の公式ブログに「お弁当」と題し、11月4日に4枚の画像...
ツイッター
ソーシャル・ネットワーキング・サ ービス(SNS)を手掛ける米ツイッターの1-3月(第1四半期)決算では、売上高が市場予想を上回ったほか、ユ...
インスタグラム
  インスタグラムといえば、若い女性を中心に支持されている。「インスタ映え」という言葉が流行るほどオシャレなイメージがあるが、一方でその呪縛...