・身長以外で戦えるフィールドを見つけることで、身長の低さが武器になった。
・身長はどうやっても伸びないので「本物の筋肉をつけるしかない」と思うようになったんです
・身長以外で戦えるフィールドを見つけると、身長が武器になることがあるので、自分の好きなことや得意なことを突き詰めてみてください。

 

身長が低いから僕として認識してもらえるというか。身長の低さが武器になったので今ではありがたいと思ってます。

徳原孝洋さんは、身長が低いことで悩んでいました。それで、コンプレックスを克服するために、身体を鍛えてマッチョな筋肉をつけることができました。今では、「笑顔がいい」「マッチョ」「低身長」の3つで、自分お名前を覚えてもらっていると語っています。
男性にとって、身長が低いことは、どうしてもコンプレックスになってしまいます。それを克服する方法を誰もが探すのですが、徳原さんの場合は、身体を鍛えてマッチョになることに精進しました。
そのおかげで、今は身長が低いこともセールスポイントに変わったとのことです。
それで、徳原さんは今では低い身長に感謝していると語っています。
そして、身長以外で戦えるフィールドを見つけられると、身長が武器になることがあるので、自分の好きなことや得意なことを突き詰めてみてください、と話しています。
誰もが、自分のコンプレックスは持っていると思います。でも身体的な悩みはどうすることもできません。
それを、悩みのままにするか、それを克服するかで、人生が大きく変わると思います。
それでも辛いのが、女性が理想の男性を語る時に、かならず身長が高いという条件を入れるときかもしれません。
おすすめの記事
インスタ
  地球環境保全や野生動物の保護活動に熱心なハリー王子。2019年4月22日のアースデイに、自ら撮り下ろした写真を公式インスタグラムにアップ...
ブログ
こんにちは、都築寛史です。 こういったサイト開設にともない、ちょっと思っていたことをですね、まず書きたいと思いまして。 実は、私複数ブログ運...