株式会社ポピンズ
-全国初!ベビーシッター付ナーサリーも開始!-

株式会社ポピンズ(本社:東京都渋谷区 代表取締役会長 中村紀子、以下ポピンズ)は、保育業界初の取り組みとして副業・兼業制度を導入し、保育士の働き方を推進することを発表しました。

株式会社ポピンズは、2018年8月1日より、全国210ヶ所の保育施設にて「ベビーシッター付ナーサリー」を開始しました。これはポピンズの全保育士および子育てサポーター(アルバイト)にポピンズのグループ会社であるベビーシッターサービス「スマートシッター」への登録を促し、保育施設で働きながら同時にシッターとしても活躍することを推進することにより、ご利用者様の多様なニーズにお応えし、全国初のベビーシッター付ナーサリー展開をする取り組みです。

ご利用者様にとっては、ナーサリーの保育士や子育てサポーターがベビーシッターにもなれることにより、保育園利用前後の送迎・在宅での託児等、シームレスな利用が可能となり、利便性の向上が飛躍的に増すことになります。また、様々な業種において働き方改革が推進され、副業・兼業が禁止から原則容認される流れの中、保育士や子育てサポーターにとっては多様な働き方の実現が可能となります。さらに保育士のベビーシッター兼業は、集団保育と異なり1対1で子供を預かるスキル・経験が必要とされるため、質の向上やキャリアアップにもつながります。加えて保育士の収入増をもたらします。このベビーシッター付きナーサリーの取り組みは今年度中には、他社の保育園にも呼びかけ保育業界全体への波及を目指します。

昨年からポピンズグループに入った「スマートシッター」は、ベビーシッター業界初の企業サポート型マッチングサービスです。スマートフォンやPCから簡単にシッターを検索し、自分に合うシッターを選んで予約でき、お困りの際は会社がしっかりサポート。登録シッターは保育士・幼稚園共有・助産師・看護師などの有資格者と保育・子育て経験者のみ、全員厳しい選考を経て研修も受講済みです。有資格者のうち9割が保育士資格保持者であり、時間単位の保育園勤務を可能とするシステムの提供などを通じて、休眠保保育士の掘り起しにも注力しています。また内閣府ベビーシッター券の利用が可能。港区・渋谷区をはじめとし、最も多くの自治体のベビーシッター助成の対象にもなっています。

ポピンズは、今後も業界のリーディングカンパニーとして、保育士の残業の減少や労働環境の改善をすすめ、全保育士および子育てサポーターの働く満足度向上に取り組んでいき、同時に顧客満足度アップにつながる施策を推進していきます。

 

http://www.sankei.com/economy/news/181004/prl1810040002-n1.html

 

これは面白い働き方ですね。これから待機児童問題がなくなれは少子高齢社会はなくなるかもしれませんね。

 

おすすめの記事
企業
  就活は、「空前の売り手市場」と報じられている。確かに、就活関連掲示板では複数の内定を得たとの報告も少なくない。だが、数字を冷静に分析する...
仕事
・取材班が直接現場に赴き、値切り交渉をしてきた! 今回はペット、高級時計、脱毛サロンの3つを値切ってみました。 ・リピーターが命の脱毛サロン...
血液型
・最近彼の様子が何だかおかしい……そう感じたとしたら、気のせいではなく何かやましいことがあるのかも!? ・昔から“女のカンは鋭い”と言われま...