・家電がぬれてしまった場合は、どんな点に注意すればよいのでしょうか。
・浸水、水没した家電は回路がショートして漏電するおそれがあるので電源は入れないでほしいとのこと。
・また保険を請求するために、写真を撮っておき、一緒に壁の写真も撮っておくといいそうです。

 

家電がぬれてしまった場合は、どんな点に注意すればよいのだろうか。

最近多い台風などの水害で家電が水没してしまうことが多くあります。そんな時は、家電は回路がショートして漏電するおそれがあるので電源は入れない方がいいようです。もし家電が水に浸かってしまったら、まず乾燥させて、できたら自分でスイッチを入れるよりも、電気屋にお願いして観てもらうことが適切な処置のようです。
水に浸ってしまった家電は、内部で何が起きているのか予想がつかないそうです。
確かに家電は、市場に出回る際に水への耐久性など調べることはないでしょう。それで、予想外のことが起きたことで、損傷があったりすることがあるそうです。本来は、水に浸かった家電は再利用しないほうがいいようです。
今後、これだけ水害が多くなると、水に強いが売り文句にした家電が出てくるのではないでしょうか。
電気は水に弱い為、家電以外の電気製品についても、水対策を考えておかなければいけないと思います。
おすすめの記事
インスタグラム
  「前科三犯前歴一犯の依存症のデブのハゲた金もない施設にいる糖尿病おやじと里菜さん。一週間後正式に結婚することになりますが。直ぐ離婚しない...
Instagram
「旅行を楽しむのではなく、インスタのために旅行に行くのは間違っている」!?とSNS上で賛否両論あるなか、あるツイッターユーザーの投稿が共感で...