・金メダルへの1年を歩む。侍ジャパンの稲葉篤紀監督が3日、47歳の誕生日を迎え、決意を新たにした。
・抱負を問われ「オリンピックもプレミア(12)もある。侍ジャパンにとって大事な年なので、より一層力が入ります。思い出に残る47歳になっていくのではないかと思うし、そういう年にしていきたい」と、言葉に力を込めた。
・来年の8月3日は東京五輪期間中で、野球の決勝トーナメントが行われている予定。

 

 

金メダルへの1年を歩む。侍ジャパンの稲葉篤紀監督が3日、47歳の誕生日を迎え、決意を新たにした。

侍ジャパンの稲葉篤紀監督が3日、47歳の誕生日を迎えました。金メダルへの1年を歩む決意を新たにしました。
思い出に残る47歳の1年になる。
そんな思いは、11月2日に開幕するプレミア12、そして来年の東京オリンピックへと続いていきます。
オリンピックに復活した野球が、そのまま続いていくのかはまだ不明ですが、チーム作りもイチローが抜けて、侍ジャパンは大きく変わります。大谷が参加できれば、大谷中心でメンバーを集めることになるでしょう。
そんな侍ジャパンが、来年のオリンピックで決勝トーナメントに進んでいると、稲葉監督の誕生日はトーナメントを戦っている最中に迎えることになります。
どんな思いで誕生日を迎えられるのでしょうか。
野球については、誰もがメダルを期待してしまいます。そんなプレッシャーの中で、来年は誕生日を祝っている間がないかもしれません。
おすすめの記事
未分類
昔から「年齢は手に出る」なんて言われておりますが、もうそんなことを感じる年齢になるとは思いもしませんでした…。みなさんはどうですか? 私と同...
ブランディング
  ・74歳とは思えない可憐さを身にまとう松原智恵子さん。 ・食事、運動、美容ケア……美をキープするための秘密を聞いてみました。 ・食事やス...
ブログ
  タレントの熊田曜子さん(36)が、幼い娘3人を児童館に連れて行ったところ、大人1人なら子供2人と制限されて入館できなかったとブログで報告...