・金メダルへの1年を歩む。侍ジャパンの稲葉篤紀監督が3日、47歳の誕生日を迎え、決意を新たにした。
・抱負を問われ「オリンピックもプレミア(12)もある。侍ジャパンにとって大事な年なので、より一層力が入ります。思い出に残る47歳になっていくのではないかと思うし、そういう年にしていきたい」と、言葉に力を込めた。
・来年の8月3日は東京五輪期間中で、野球の決勝トーナメントが行われている予定。

 

 

金メダルへの1年を歩む。侍ジャパンの稲葉篤紀監督が3日、47歳の誕生日を迎え、決意を新たにした。

侍ジャパンの稲葉篤紀監督が3日、47歳の誕生日を迎えました。金メダルへの1年を歩む決意を新たにしました。
思い出に残る47歳の1年になる。
そんな思いは、11月2日に開幕するプレミア12、そして来年の東京オリンピックへと続いていきます。
オリンピックに復活した野球が、そのまま続いていくのかはまだ不明ですが、チーム作りもイチローが抜けて、侍ジャパンは大きく変わります。大谷が参加できれば、大谷中心でメンバーを集めることになるでしょう。
そんな侍ジャパンが、来年のオリンピックで決勝トーナメントに進んでいると、稲葉監督の誕生日はトーナメントを戦っている最中に迎えることになります。
どんな思いで誕生日を迎えられるのでしょうか。
野球については、誰もがメダルを期待してしまいます。そんなプレッシャーの中で、来年は誕生日を祝っている間がないかもしれません。
おすすめの記事
インスタ
      まだ記憶に新しいと思いますが、昨年2017年のユーキャン新語・流行語大賞で大賞を受賞したのは「インスタ映え」でした(ほかに「忖度...
Twitter
  多くの女性にとって、Twitterは「何か」に耐えながら使うものだ。とりわけジャーナリストや政治家といった著名な女性にとってはそうだろう...
未分類
  富士急山梨バス株式会社の前身は1991年1月創業の「富士急都留中央バス株式会社」で、その後2002年に社名を「富士急山梨バス株式会社」に...
企業
  最近、起業することも珍しくなくなった。アイデアを実現するためにコンテストに応募し、投資家から資金を得て起業するケースも多い。しかし、いく...
未分類
    篠田麻里子が11日、今日で発生から8年になる東日本大地震への思いをつづった。 東日本大地震という悲劇の日であると同時に、今日が33歳...