・ショーシャナ・オヴィッツさんは、先週104歳の誕生日を迎えるにあたり、子ども、孫、ひ孫、そしてその他の親戚も集まったとのこと。
・はっきりとした人数は不明ですが、およそ400人の子孫が集まったのだとか。
・「嘆きの壁」(イスラエル)で撮影した写真が、あまりにも壮観だと注目を集めています。

 

ホロコースト(ナチスのユダヤ人に対する大虐殺)から生き延びた104歳のユダヤ人女性が、誕生日を祝うために、子ども、孫、ひ孫たちに集合写真を撮ろうと呼びかけました。

104歳のユダヤ人女性ショーシャナ・オヴィッツは、ホロコースト(ナチスのユダヤ人に対する大虐殺)から生き延びた経歴をがあります。その女性が誕生日を祝うために、子ども、孫、ひ孫たちに集合写真を撮ろうと呼びかけたそうです。そして約400人が呼びかけで集まり、「嘆きの壁」(イスラエル)で撮影をしました。その写真が、あまりにも壮観だと注目を集めています。
子孫がそれそれ子だくさんの家庭だったのでしょう。ショーシャナ・オヴィッツは、息子2人と娘2人がいるとのことなので、その子供や孫が皆子だくさんに恵まれたのでしょう。
それでも揃った親族の写真は壮観です。
ショーシャナ・オヴィッツがホロコーストから生き延びていなかったら、ここに移っている人たちは全員命を授かることがなかったのですから、不思議な光景です。
それでもこれだけの親族が集まると、初めて顔を合わせた人も多かったことでしょう。
現在の日本でもこれほど人数がいなくても、会ったことのない親族が沢山います。
遠い親戚よりも近くの友、といわれるように、日常会うことができない親族がいます。
そんな間柄も、この女性のように誕生日に皆が一堂に会することは、とても意味のあることだと思います。
まして、少子化の影響で親族が少なくなっているこの頃、このような機会で顔を合わせることは大切だと思います。
おすすめの記事
企業
  2015年という年が日本企業にとってどういう意味を持つか、皆さんはご存じだろうか? 実は総務省が1920年に国勢調査を開始して以来、初め...
インスタグラム
  女優の森川葵が自身のInstagramを更新し、意味深な写真とコメントを残して憶測を呼んでいる。  森川は、ゴミ収集車の後方にチンパンジ...
ブログ
  芸能界復帰を熱望した元タレントの坂口杏里さん(27)が11日夜、ツイッターで「こっちで結構日記書きはじめてます。よろしくお願いします」と...