・スイスのビジネススクールIMDは28日、2019年版の「世界競争力ランキング」を発表した。
・日本の総合順位は前の年から5つ下がり、30位だった。
・今回のランキング低下の理由について、IMDはビジネスの効率性の低さや政府債務の多さなどを理由に挙げている。

 

スイスのビジネススクールIMDは28日、2019年版の「世界競争力ランキング」を発表した。
日本の総合順位は前の年から5つ下がり、30位だった。

引用元

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/052900397/

 

スイスのビジネススクールIMDは、2019年版の「世界競争力ランキング」を発表した。日本の総合順位は前の年から5つ下がり、30位だった。
今回のランキング低下の理由について、IMDはビジネスの効率性の低さや政府債務の多さなどを理由に挙げています。より細かく見ると、起業家精神、国際経験、企業の意思決定の機敏性、ビッグデータの活用や分析については63位と最下位の評価だったそうです。
日本企業の衰退が様々な発表で言われ続けていますが、こんな時期があっていいのではないかと思います。つまり反省や自分たちの弱点を真っ直ぐに見つめ直す時なので、これからどうしたらいいかを考えるべきなのです。
あれほど世界に誇れる日本企業だったのですから、捲土重来かならず復活するはずです。それだけの潜在能力を日本人は持っています。日本の経営者は、必ず復活してくれると思います。

おすすめの記事
ツイッター
  ツイッターと決済会社のスクエアのCEOを兼任する、ジャック・ドーシーは一切の報酬を会社から受け取らないことで知られている。ここ数年の間、...
ブログ
  女優でタレントの足立梨花(26)が16日、昨年11月26日以来11カ月ぶりに自身のブログを更新。この日26歳の誕生日を迎え、ファンや関係...
Twitter
  愛知県警が10月15日より、Twitter上で児童買春につながる怖れのあるツイートに「こちらは愛知県警察少年課です」と呼びかける取り組み...
企業
    「最低でも3年は働き続けないと、どこにも転職できない」 ブラック企業に入社してしまった人間を苦しめる、呪いの言葉です。この言葉を信じ...
血液型
■浮気、遅刻しがちなのは? あくまでも番組調べの統計上、断言はしないとしたうえで、さまざまな調査が実施されていく。 「よく遅刻する」血液型は...
ブランディング
見知らぬ男性から性的暴行被害を受けた女性が、被害にあった直後の自分の姿を撮影した写真を公開。その勇気ある行動に込められた思いとは?(フロント...