・13日LINEは、東京の渋谷に次世代コミュニケーションホール「LINE CUBE SHIBUYA」をオープンしました。
・渋谷公会堂のネーミングライツをLINEが取得したそうです。
・LINEは、会場での公演のみで終わらないオフラインとオンラインをつなげた公演を実現するとのことです。

 

LINEは13日、東京の渋谷に次世代コミュニケーションホール「LINE CUBE SHIBUYA」をオープンした。

LINEは、渋谷公会堂のネーミングライツを獲得して、次世代コミュニケーションホール「LINE CUBE SHIBUYA」をオープンしました。歴史のある渋谷公会堂を使って、自社のオンラインと会場のオフラインを繋げて、ライブ映像や音源をリアルタイムで配信する予定だそうです。
音楽業界にとっても、素晴らしい試みだと思います。
また、渋谷公会堂のキャパが2084人で、この規模の会場が少なく、ドームやアリーナで活躍できるアーティストの、下のクラスのアーティストが、ここから飛躍していくことも可能性があると思います。それが、LINEでもライブ配信して、さらに広がりを作れることが喜ばしいことだと思います。
現在、ビッグアーティストが中々出てこない時代になっています。もちろん音楽を聴く人の嗜好が分散してしまって、ビッグヒットの曲を生み出すことが難しい時代になっています。しかし、いきなりドームやアリーナを埋められるアーティストが生まれることはありえません。
その為にも、渋谷の「LINE CUBE SHIBUYA」からヒット曲を生むことが出来るのではないでしょうか。LINEは、LINE musicもあるので、その点もすでに計算しているのかもしれません。
おすすめの記事
血液型
  (1)わがままだと思われる 「血液型を聞かれてB型だと答えたら、『あー! B型っぽいと思ってたんだよね。ってことは意外とわがままなんだね...
インスタ
      静岡県にあるプリン専門店「熱海プリン」がJR八王子駅に2018年12月1日から2019年1月6日までの期間限定で出店しています。...
未分類
    あと1か月で、企業の採用活動がいよいよ本格化。エントリーシートや就職説明会の受付が始まり、2020年卒の大学生らの「就活」シーズンが...