・調査は2月、首都圏の1都3県に住む1000万円プレイヤーと平均年収層各400人を対象にインターネットによるアンケートで実施しました。

・1000万円プレイヤーは「給料日を意識していない」という人が59.8%と、大多数を占めていました。

・財布に入れている現金は1000万円プレイヤー、 平均年収層とも「1万円以上3万円未満」が最多。

 

 

1000万円プレイヤーは「給料日を意識していない」という人が59.8%と、大多数を占めていました。 平均年収層でも「給料日を意識していない」人が37.2%と多数派でしたが、1000万円プレイヤーは意識していない人の割合が多いことが分かります。

 

引用元

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1906/06/news114.html

 

人材サービスのパーソルキャリアが運営するハイクラス人材向けサイト「iX(アイエックス)」が年収(1000万円の人、いわゆる“1000万円プレイヤー”のお金事情を調査した結果を発表しました。 それによると、「給料日を意識していない」という回答をした人が59.8%と、大多数を占めていましたとのことです。 そうだろうな、と思ってしまう結果です。もう少し大きな比率になるのではないかと、思うくらいです。 同時に行われたアンケートで、財布の中にいくら入っているかの質問に、平均年収層(400万円~500万円)ともに「1万円以上3万円未満」が最多になりました。 キャッシュレスの時代になったとはいえ、1万円以上3万円未満は少ないと思います。また、年収1000万円以上の方と、平均年収の方が、同じ金額というのは面白い結果です。年収にかかわらず、とりあえず財布に1万円~3万円未満があれば大丈夫なのでしょう。 先程、この金額が少なく感じたのは、1000万円以上の年収になるとご馳走をする機会が多くなり、突然必要になる金額はもう少し多いのではないかと思ったからです。でもその時は、カードでの支払いとなるのでしょうか。以前は、カードの使えない店舗に出くわすこともありましたが、今はそんな心配はひつようないのでしょう

おすすめの記事
ツイッター
ソーシャル・ネットワーキング・サ ービス(SNS)を手掛ける米ツイッターの1-3月(第1四半期)決算では、売上高が市場予想を上回ったほか、ユ...
Instagram
写真共有アプリ「インスタグラム」で女性(26)に大量のメッセージを送ったとして、兵庫県警生田署は29日までに、ストーカー規制法違反の疑いで富...
未分類
  不動産業界を支える「用地仕入れ」職につく“土地のプロ”に、投資で狙い目の街を聞くシリーズ、第4弾です。 今回のこの記事では「キャピタルゲ...