・2016年にDisneyがTwitterの買収に興味ありと報じられ、さんざん噂になりました。
・twitterは手に負えないほどの問題量で、責任を持てるはずと予想していた以上の問題量でした。
・それでもTwitterを続けてしまうのは、単にわたしたちがTwitter中毒になっているからです。

 

「手に負えないほどの問題量。我々が責任を持てるはずと予想していた以上の問題量」だったというアイガーCEO。最大の問題は、やはりTwitterの「不快さ、意地の悪さ」にあったといいます

2016年にディズニーがtwitterの買収に興味があると噂になりました。しかし、結局は実施されなかったのですが、ディズニーのボブ・アイガーCEOの著書の中で、触れられています。最大の問題は、やはりTwitterの不快さや意地の悪さにあったとのことです。
ディズニーとtwitter のイメージは正反対だと思います。夢を売るディズニーともっとも現実的なtwitterが一緒になることは到底考えられません。
ディズニーは、twitterを使ってどんな展開を考えていたのか、知りたいところです。
それでもディズニーの資本力からすれば、twitterと同じような仕組みはすぐに作れると思います。それなのにtwitterを買収しようとした目的は、twitterのアカウントを持っている人達だったのでしょう。
それを考えると、まだまだディズニーはSNSの会社を買収する可能性があるのではないでしょうか。
ミッキーやドナルドダックをフォローして、いいねをもらえるようになったら、とても面白いSNSができるのではないでしょうか。
おすすめの記事
未分類
  見た目は若くてキレイな女性でも、発言ひとつで「じつはかなり年上!?」と思われてしまうケースがあるようです。では、どのような一言で「いい歳...
ブランディング
こんにちは、都築寛史です。 ・セシルマクビーは王道のギャルブランドとして人気を集めましたが、近年は「ギャル」という言葉にネガティブな印象もあ...
インスタ
  茨城県水戸市三の丸にあるスタンド酒場「ニューもっさん」に、毎日のように女子高生の長い行列ができる、ともっぱらの噂だ。昼飲みのオッサンたち...
Instagram
  実業家の堀江貴文氏が自身のインスタグラムで、一般ネットユーザーに暴言を吐いていると話題になっている。  堀江氏は15日に投稿したインスタ...
Instagram
  9月に第1子を出産した、モデル・女優の佐々木希が10月31日に公式Instagramを更新。ハロウィーン当日に知人の誕生祝い&ハロウィー...