・JTBコミュニケーションデザインは2019年6月1日より、米国拠点のCvent(シーベント)社のイベント管理テクノロジーサービスを日本で提供する。

・シーベントの技術を活用してミーティングやイベントをサポートするサービスを日本の企業に提案。

・シーベントはこれまで、イベントプランナーやマーケティング担当者向けに、オンライン登録や会場調査、イベント管理、来場者管理といったイベント関連システムを提供。

JTBコミュニケーションデザインは2019年6月1日より、米国拠点のCvent(シーベント)社のイベント管理テクノロジーサービスを日本で提供する。

 

引用元

https://www.travelvoice.jp/20190520-131026

JTBコミュニケーションデザインは2019年6月1日より、米国拠点のCvent(シーベント)社のイベント管理テクノロジーサービスを日本で提供するとのことです。両社はこのほど、パートナー契約を締結。今後は両社連携のもと、シーベントの技術を活用してミーティングやイベントをサポートするサービスを日本の企業に提案する。 シーベントはこれまで、イベントプランナーやマーケティング担当者向けに、オンライン登録や会場調査、イベント管理、来場者管理といったイベント関連システムを提供してきました。また、団体旅行や個人出張者向けに世界各地の宿泊施設やイベント会場をマッチングするソリューションを提供してきました。 JTBは企業におけるイベントについて、企業課題を解決する重要な場として位置づけており、この春、シーベントのサービス導入に必要な日本語化や既存システムとの統合・連携を支援するチームを発足したそうです。 企業のイベントが、ネットとの関わりで大きく変わってきます。また、ネットの側面としてのイベントの立ち位置も重要性をましてきます。それらの点がどのように変わっていくのか楽しみです。

 

 

 

おすすめの記事
誕生日
  フリーアナウンサーでタレントの美馬怜子が、15日に結婚と妊娠を所属事務所を通じて発表した。 美馬は「突然このようなご報告を書面でいたしま...