・2019年9月12日、ZOZOは取締役会を開き、ヤフーによる子会社化に向けた資本業務提携と共に前沢友作氏が社長を退く人事を決議しました。
・ヤフー子会社となる新たな体制で、前沢前社長が後継者に指名したのが沢田宏太郎新社長、前取締役です。
・ZOZOグループには、2008年に加わりました。

 

ヤフー子会社となる新たな体制で、前沢前社長が後継者に指名したのが沢田宏太郎新社長(前取締役)だ

ZOZOがヤフー子会社となって新たな体制になります。前澤前社長が後継者に指名したのは、前取締役の沢田宏太郎新社長です。
沢田社長は、1970年うまれの49歳です。
沢田新社長の経歴の最初は1994年に入社したNTTデータです。1998年にNTTデータ子会社でコンサルティングや調査を手掛けるNTTデータ経営研究所に転籍をして、2005年にはアクセンチュア日本法人の出身者らが設立したスカイライトコンサルティングに移りました。
2008年にスタートトゥデイ、現在のZOZO、がスタートトゥデイコンサルティングを設立した時に、コンサルタントの経歴を見込まれ、社長として招へいされました。同社が2013年に親会社に吸収合併された際に取締役に就任しました。マーケティング担当を経て、最近まではZOZOTOWNの事業全体を統括していました。
経歴は、素晴らしい新社長ですが、ZOZOの今後はどうなるか判りません。これからの手腕が大切になると思います。
活躍していただくことを期待いたします。
おすすめの記事
インスタ
女子高生たちのSNSが「#体育祭」で盛り上がっている。学校のイベントは、インスタ映えすると大人気のテーマなのだ。女子高生たちは、なぜ体育祭の...
Twitter
  女性がオジサンと食事したりデートをして金品をもらう“パパ活”。ここ数年で一気に広まった言葉ですが、この逆バージョンで“ママ活”というもの...