・eスポーツチーム「G×G」がPwC コンサルティングとオフィシャルスポンサー契約を締結
・同社は、昨年11月に「e スポーツ事業推進室」を設立し、世界的に注目が高まっている e スポーツ関連ビジネスへの進出を目指す企業に対し、事業参入、チーム強化、選手のセカンドキャリアの3つの領域でアドバイザリーサービスを提供しています。
・G×Gは、eスポーツという新しいエンターテインメントの世界に多くの価値を提供し、競技レベルの向上や e スポーツ文化の定着を目指しています。

 

eスポーツチーム「G×G」とPwC コンサルティングがオフィシャルスポンサー契約を締結

株式会社読売新聞東京本社が運営する e スポーツチーム「G×G」)は、PwC コンサルティング合同会社と、このたびオフィシャルスポンサー契約を締結しました。同社は、昨年11月に「e スポーツ事業推進室」を設立しました。e スポーツ関連ビジネスは、世界的に注目が高まっていて、e スポーツへ の進出を目指す企業に対して、事業参入、チーム強化、選手のセカンドキャリアの3つの領域でアドバイザリーサービスを提供しています。
日本のeスポーツは、まだ世界と較べて遅れています。
世界のeスポーツの大会は、すでに大きなマーケットに成長をしていて、驚くようなお金が動いています。
ゲームソフトの開発国として先進国である日本が、何故プレイヤーのジャンルで後れを取ってしまったのか不思議です。
たぶんゲームが、大人にとって長い間、子供の勉強時間を奪う敵だったからではないでしょうか。
それが、オリンピック種目に入れるかどうかの議論がでるほどになっているのです。
eスポーツの今後が、どのようになっていくのか予測は難しいですが、日本にとって大きなマーケットになることは確実です。
おすすめの記事
未分類
  女性が気になる恋愛のアレコレを、男性たちに2択アンケート調査。結果をもとに、恋愛コラムニストの神崎桃子さんが男心を分析します。今回は「年...