・この度クラスコの成功ノウハウを踏襲した、不動産会社特化型のCIのパッケージサービスを開始することとなりました。
・ 社員の行動の統一(BI)や、会社の理念が浸透していること(MI)を含め、MI、BI、VIこの3つがそろってはじめてCIが成り立つと考えています
・導入により見込める効果は数多くあります。

 

​株式会社クラスココンサルファーム(本社:石川県金沢市/代表取締役社長:小村典弘)は、不動産会社に特化したCI(コーポレート・アイデンティティ)をパッケージ化したサービス「CIジョー」の提供を開始しました。

株式会社クラスココンサルファームは、不動産会社に特化したCI(コーポレート・アイデンティティ)をパッケージ化したサービス「CIジョー」の提供を開始しました。
ロゴや広告などの見た目(VI)を統一するだけでは、CIを導入したとはいえません。 社員の行動の統一(BI)や、会社の理念が浸透していること(MI)を含め、MI、BI、VIこの3つがそろってはじめてCIが成り立つと考えています。
これからどんな会社に見られていきたいのかをじっくりとヒアリングし、社内外に伝わりやすい言葉としての企業理念の開発と、より浸透しやすいビジュアル化を総合的に行ない、効果的なCIの導入を実現しますとのこと。
なかなかCIは実現することが難しいことです。また、何から手を付けたらいいか、何をするべきかが分からない会社が多いでしょう。
それらの悩みを「CIジョー」ですべて解決してくれるので、大変役立つと思います。
また、不動産会社に特化していることと、自分たちが実現させた成功例に基づいていることは説得力があります。
不動産会社にだけでなく、別の業種も活用できる内容だと思います。
おすすめの記事
インスタ
  「インスタ映え」が2017年度の流行語大賞を受賞してから、すでに1年―――いまだにそのブームは続いているようだ。 12月放送の『モーニン...
インスタグラム
  タレントの若槻千夏が14日、自身のインスタグラムを更新。コンタクトレンズで味わった恐怖体験をつづり、話題になっている。 ■コンタクトを外...