こんにちは、都築寛史です。

・企業経営者にとって、自社の企業名が一つの「ブランド」になることは大きな誇りになります。
・極論すれば、企業活動とは企業の持つブランド価値を高める行動と言ってもいいわけです。
・企業ブランディングの根本には、その企業の社会的使命と企業理念が存在しなければなりません。

企業経営者にとって、自社の企業名が一つの「ブランド」になることは大きな誇りになるでしょう。まさに、そのブランド化を目指して活動をしている経営者も多いかと思います。極論すれば、企業活動とは企業の持つブランド価値を高める行動と言ってもいいわけです。

企業経営者にとって、自社の企業名が一つの「ブランド」になることは大きな誇りになるでしょう。まさに、そのブランド化を目指して活動をしている経営者も多いと思います。
企業名がブランドになれば、経営としては仕事が楽になり、ブランドが勝手に業績を上げてくれると思います。
しかし、最近の一時は輝いていたブランド名の会社が、次々と凋落していったことを見ると、ブランドが落ちるときは早いと思いました。油断や慢心が理由とは思えませんが、ブランドに寄り掛かった会社は、落ちていくのだと思います。そのような現実をよく見て、今後の参考としなければいけないと思います。ブランドを構築することで新しいプランも進めやすいかもしれませんが、失敗はブランドを下げます。
つまりブランドは、永続的に努力していかなければ、継続できないものなのでしょう。企業として、ブランドに胡坐をかくことは、ずっとありえないのだと思います。それほど価値のあるブランドなので、経営者は頑張っていくのでしょう。
日本の落ちてしまったブランドが復活できるのか興味があります。でも、落ちてしまったブランドは古臭く見えてしまうのかもしれません。

おすすめの記事
未分類
  最新イメージは不倫旅行へ 22枚目となる本作は、昨年9月に那須で撮影されたもの。 「今回は人妻と不倫旅行というシチュエーション。なのでタ...
未分類
  現在はタバコを吸っていなくても過去に喫煙していたり家庭や職場で受動喫煙の経験のあったりする人で、階段を上がったり駆け足すると息切れがする...