・ペットとの出会い方が多様化している実態が浮かびました。

・朝日新聞デジタルのアンケートで「犬や猫を飼うにあたり、ためらったり悩んだりすることは何ですか?」と尋ねると、37・7%の人が「自分の年齢(寿命)」をあげていました。

・アンケートで「これから新たに犬または猫を飼うとしたら」との問いに、「動物愛護団体・地方自治体から」譲り受けたいと答えた人が多くを占めたのは印象的でした。

 

犬や猫などペットとの暮らしは、私たちに大きな幸せを与えてくれます。 でも与えてもらうばかりでいいのでしょうか? 飼い主として、消費者として「出会い方」を考えてみることは、日本のペットを巡る環境を改善する第一歩になるはずです。

 

引用元

https://www.asahi.com/articles/ASM5Y54R2M5YUUPI003.html

 

ペットとの生活を過ごしてきて、ペットが亡くなってしまうと次のペットを飼うかを悩んでいる方が多いようです。現在ペットの寿命が延びてきて、飼い主の寿命とペットの寿命を考えると、ペットを残して亡くなった場合を考えると次のペットを飼えなくなっている人が多いようです。 寿命を考えると、残されたペットが大変なことになってしまうので、難しい問題かもしれません。でも孤独な高齢者がますます増えるこれから先を考えると、老人とペットが上手く生活できる方法を考えるのは必要だと思います。 ペットの存在が、高齢者の励みになったり、生活していく上で盲導犬のように役に立つことも躾られるのではないでしょうか。 ボケ防止にも効果があると言われています。一人暮らしの役に立つペットを作ることはできないものでしょうか。 一人住まいの老人が増えると、社会的な問題事を起こすこともあります。そんな事を減らすためにも、ペットの活用方法とその後のペットの保証も含め、検討する価値はあります。機械やAIに頼るよりも、体温の感じられるペットが、想像以上の効果をもたらしてくれると思います。

 

おすすめの記事
企業
    「最低でも3年は働き続けないと、どこにも転職できない」 ブラック企業に入社してしまった人間を苦しめる、呪いの言葉です。この言葉を信じ...
血液型
  恋愛と結婚は別物だと言われますが、実際はどうなのでしょう。 どんなに好き合っていたとしても、結婚生活において価値観が大きく異なれば、先行...
ブランディング
 エリートイケメンは好きですか? 好きですよね(笑)。  エリートといえば、会社からの期待も強く、部下からの信頼も厚く、常に大きなプレッシャ...
ブログ
  「めっちゃ似てる!」「区別つかない」――そんなコメントが殺到したのは、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおさんのブログだ。 伊達...