こんにちは、都築寛史です。

・今、『帰省ブルー』に陥る女性が増えているのだそうです。
・調査の結果、7割の嫁が義理の実家に帰りたくないと回答しています。
・調査から、姑は嫁に対してより気を使うべきで、妻は必要以上に気を使いすぎないことが良い関係性を保つうえで重要になるとのこと。

 

これらのことから、姑は嫁に対してより気を使うべきであり、妻は必要以上に気を使いすぎないことが良い関係性を保つうえで重要になるのではないだろうか。

夫の実家に帰るとき7割の嫁が「帰省ブルー」になるそうです。理由はやはり姑の存在と、夫が何も言わないことが原因しているようです。それは当然なことで、夫の実家は嫁にとってはいつまでも他人の家なのです。
気を使っていなければいけないこともわかっているので、余計に疲れてしまうことになってしまうのでしょう。
孫でもできれば、それで少しは気がまぎれることもあるかもしれませんが、それでも長時間の滞在は苦痛になります。そんな経験を何回も重ねていくと帰省することを考えただけで、ブルーになってしまうのです。
親戚との付き合いということで、夫の実家に帰らないといけないのですが、今はネットを使ってテレビ電話を活用すれば、帰る回数を減らすことができ、また実家になれる練習をすることもできるのではないでしょうか。相手の様子を探るこもできると思います。
それでもこの気持ちは、解消されることはないと思います。どうしても安らげる自分の実家と比較をしてしまうので、休まることがない夫の実家は行きたくない場所になってしまうのです。だから行きたくない場所に、行きたくない気持ちは消すことはできないと思います。

おすすめの記事
ブランディング
見知らぬ男性から性的暴行被害を受けた女性が、被害にあった直後の自分の姿を撮影した写真を公開。その勇気ある行動に込められた思いとは?(フロント...
Instagram
  女優の剛力彩芽が6日、東京・表参道ヒルズで行われた「イヴ・サンローラン・ボーテ」スペシャルイベントのオープニングセレモニーに登場した。 ...