こんにちは、都築寛史です。

・女性が自宅でシャツを脱いで上半身裸になっていて、トップレス姿を義理の子どもたちに見られたことで訴えられている。
・アメリカ・ユタ州のブキャナンさんと夫は2017年末と2018年初めに、自宅のガレージで作業中に汚れないようシャツと下着を脱いだ。
・義理の子どもたちがガレージに入ってきた時、彼女と夫はトップレスでいて、それを知った生みの母親が当局に通報し、ブキャナンさんだけが、2019年2月にわいせつ罪で訴えられました。

自宅でシャツを脱いで上半身裸になっていた女性が、トップレス姿を義理の子どもたちに見られたことで訴えられている。

アメリカ・ユタ州に在住のティリ・ブキャナンさんは、自宅のガレージで夫と一緒で作業中に汚れないようにシャツと下着を脱いでいました。そこに義理の息子たちが入ってきて、それを息子たちの生みの母親が知って当局に通報して、わいせつ罪で訴えられました。しかし同じように上半身を脱いでいた夫は訴えられていません。
もし有罪が確定すれば、ブキャナンさんに懲役刑や罰金が課され、性犯罪者として10年間登録される可能性があります。
ブキャナンさんは、同じ格好の男女で不平等であることと、そしてこれはプライベートな自宅の中でのこととして闘う姿勢をみせています。
被害者が義理だとしても子供たちであり、自宅の中での出来事です。その母親が作業で服が汚れないようにするためにトップレスになっていただけで、性犯罪者になってしまうのは、少し行き過ぎているのではないかと思います。
当局に通報した子供たちの生みの母親が、ブキャナンさんに妬む気持ちがあって通報したのではないでしょうか。風呂上りに裸で家の中を歩き回る母親は、日本でもありがちな話です。家の中の出来事は、外とは違うと思います。
この裁判の行方は分かりませんが、判決に2~3か月かかるそうです。

おすすめの記事
BLOG
  嵐の活動休止発表を受け27日、芸能人からファンまで列島が騒然となった。 東京・新橋演舞場で「初春歌舞伎公演」の千秋楽を迎えた歌舞伎役者、...
Instagram
「旅行を楽しむのではなく、インスタのために旅行に行くのは間違っている」!?とSNS上で賛否両論あるなか、あるツイッターユーザーの投稿が共感で...