ファッションビル「SHIBUYA109」(以下109、渋谷区道玄坂2)のロゴ刷新に向け3月13日、約40年にわたり掲出されてきたシリンダー外壁のロゴマークの撤去作業が始まった。

撤去作業前の「SHIBUYA109」ロゴ

同ビルが「ファッションコミュニティー109」として1979(昭和54)年の「渋谷の日」(4月28日)に開業して以来起用してきた「109」のロゴは、1989年の「SHIBUYA109」改名時から現在の「SHIBUYA」が付いた形に。サイズは高さ約4.5メートル、横幅は全長7メートル弱。

2月18日からシリンダーの上部に落下物を防いだり作業員が歩いたりする足場や、網目の細かい幕を張る骨組みが組まれた。13日9時ごろに始まった撤去作業ではまず、数字内部に張り巡られたネオン管を取り外した。16時ごろまでには「S」「I」「B」「U」「Y」「A」の文字を撤去し、初日の作業は終了。同15日までに全て取り外す予定。

撤去後設置が始まる新しいロゴは、施設を運営するSHIBUYA109エンタテイメント(道玄坂1)が昨年、公募で集めた9537点の中から審査やインターネット投票で決定。くっついた数字が丸みのある「109」の文字が、ピンク色から紫色に変わるグラデーションカラーが特徴で、ロゴは外壁のほか施設各所にも使うほか、し、館内パンフレットなどにも掲載する。

開業40周年を機に立ち上げた「ReBORN(リボーン)」プロジェクトでは、5月に新元号への改元も控える今年、ロゴ刷新をはじめ、館内に「食」「エンタメ」ゾーンを新設するなど大規模リニューアルにも踏み切る。コアターゲットに据える20歳前後の女性の取り込み強化に向け、「SHIBUYA109LAND」をコンセプトに、「驚き・感動」「夢がかなう」といった体験・場所を目指し、年内をめどに館内の改装を順次進め、「食」「エンタメ」ゾーンの新設も予定している。

外壁の新ロゴは、同ビルの「誕生日」となる4月28日に正式に披露する予定。

 

引用元

https://www.shibukei.com/headline/13957/

かなりの時間ずっとあったものが消えましたね。

渋谷の街も少しづつ変わりつつありますね。

 

おすすめの記事
企業
  週刊ダイヤモンド2018年11月17日号は「お得×旨い×テック 外食新格付け」です。今、外食産業はITやテクノロジーの浸透で環境が激変し...
血液型
「A型は几帳面」「O型は大ざっぱ」など、日本人は“血液型”で性格を判断することが少なくありません。 しかし2014年には社会心理学者が日米1...
企業
    仕事柄、学生に就職活動体験談を聞かせてもらう機会が多いのですが、学生との会話の中で「練習のために受けた企業…」というフレーズを聞くこ...