◆「いい女」なのに浮気されてしまうのはどうして?

芸能界の浮気ゴシップに思うのは「あんないい女を妻にしておきながら、どうして夫は浮気なんかしたのだろう」ということ。芸能界のみならず、筆者のところへ相談に来たクライアントや友人にも、同様の雑感を抱くことは多くあります。

傍目にはお似合いのカップルであろうと、実態が同じとは限りません。表では仮面夫婦、裏では妻に内緒で夫は浮気していたりするケースも、残念ながらよく聞く話。

彼に愛されるために「いい女」であろうと努力したり自分磨きをするのは素晴らしいこと。しかし女性の思う「いい女」像と、男性である彼氏(夫)が求める「いい女」像は同じとは限りません。

いくら周囲から「いい女」と評価されても、彼氏(夫)にとって「いい女」でなければ、浮気されてしまうケースもあるのです。

◆「いい女」と「都合のいい女」を勘違いしていませんか?

常に恋人(夫)に尽くす従順なタイプの「いい女」は、パートナーの男性によっては逆に、浮気のトリガーになってしまうことがあります。

何でも彼の言いなりな女性からは、自己主張を感じることができません。交際して日が浅いうちは快適だった「安らぎ」も、時間が経てばマンネリと化し、あげく外へ刺激を求めてしまうのです。

「退屈さが火種になる」というのは、勝手すぎる浮気の言い訳。もはやパートナーに対する愛情も薄く「便利だから捨てないだけ」という惰性かつ非情な関係なのかもしれません。

別れるほど決定的な事由がないだけの薄い繋がりであれば、遠距離で滅多に会えない状態でもない限り、彼女(妻)のほうも彼の希薄な愛情に気づいているはず。

「いい女」と「都合のいい女」は別物です。「愛されるために」と彼の言いなりになるほど、彼にとって「つまらない女」だと思われてしまう悪循環を脱しなければ、浮気どころか心変わりされるかもしれません。

◆完璧な「いい女」は、男にとって「疲れる」存在

前述の「従順な女」の他、隙のない美しさで家事や仕事もパーフェクトな「いい女」も、彼氏(夫)にとっては「己にも他人にも厳しくストイックすぎる」鬱陶しい存在になることも。日頃から同じレベルを求められていたら、息が詰まってしまいます。

一緒にいて気が休まらず「外に癒しを求めた」としても、浮気の言い訳にはなりません。

しかし誰しも心が弱ってしまうときはあります。そんな彼の状態を無視し、容赦なくダメ出しするような女性がパートナーだったら疲れるだけ。「家に帰るのが辛い」「会いたくない」ような環境を提供している彼女(妻)は、男性が現実逃避(≒浮気)したくなる原因の1つを作り出しているのです。

◆「いい女」の要素は、パートナー用に「最適化」しよう

従順すぎる女性は、今より少し自我を出してみること。自分の時間を犠牲にしてまで彼に尽くしたり、自我を殺してまで彼に従ったりするよりも、一緒の時間を快適に過ごすことにエネルギーを注ぐほうがよっぽど有益です。

あなたは彼の家政婦でも奴隷でもありません。対等なパートナーであるためには、安らぎだけでなく刺激も与えられるよう、知性を磨く努力も必要です。

逆に完璧すぎる女性は、同じレベルを相手に求めないこと。たとえ夫婦になろうとも相手は他人であり、あなたとは別の人間です。厳しく言わなければ気が済まないほどタイプの違う人ならば、相性が悪いのかも。お互いが苦しんでいる現実から目を背けず、交際そのものを考え直してみるのも一案です。

パートナーとの関係は、2人で作っていくもの。ただ「好き」という気持ちだけで盛り上がれるのは、最初のうちだけです。

お互いが快適で「一緒にいたい」気持ちを維持しているならば、浮気心が起こる隙は生じません。

パートナーの浮気は、あなたの「いい女」具合が彼にとっては合わなかったということ。この先も彼と恋人(夫婦)で居続けるつもりならば、自身の行動や言動を振り返り、2人の関係性を見直し、いい女の最適化を図りましょう。

もちろん浮気した彼を許せないのであれば、お別れすることも視野に入れて。あなたほどのいい女であれば、もっと合う男性が現れますよ!

 

引用元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-00016062-nallabout-life

浮気はまずいですね。

こればかりは味方になれない気がします。。。

おすすめの記事
企業
    仕事柄、学生に就職活動体験談を聞かせてもらう機会が多いのですが、学生との会話の中で「練習のために受けた企業…」というフレーズを聞くこ...
ツイッター
  新宿で40年以上にわたり、虎の面をかぶり派手な格好で新聞配達をする男性を追ったドキュメンタリー映画「新宿タイガー」が3月22日から、テア...
Instagram
東京・六本木に、月売上が約1億円にものぼる景気の良い場所が存在する。その名も『バーレスク東京』。店内には大型LEDが四方八方に設置され、中央...
Instagram
  ビクトリアズ・シークレットは、インスタグラムにモデルのバーバラ・パルヴィンの写真を投稿した。 インスタグラムのユーザーたちは、ビクトリア...
未分類
  結婚するなら年上の男性がいい――。年上の男性って頼り甲斐を感じられて、甘えやすい。そんなイメージを持つ女性は多いのでは? 自分と歳が離れ...
未分類
  ワンコインで牛丼や朝定食などのメニューが楽しめる牛丼チェーン・松屋。筆者も学生の頃から大変お世話になっている。 以下画像は松屋フーズ公式...