・ローソンの竹増貞信社長がトイレ掃除の重要性をアピールしている。
・竹増社長によると、注目されている店舗ということで、店長やスタッフの士気が上昇。お客がトイレを利用するたびに掃除をするようになりました。
・トイレ掃除は一般的に「1時間ごと」「2時間ごと」と定期的に行うことが多いが、頻繁に行うことでお客の満足度は上がりやすくなるようです。

 

ローソンの竹増貞信社長がトイレ掃除の重要性をアピールしている。10月9日に行われた2020年2月期第2四半期決算発表会見では、重点的な施策を紹介する際に「笑顔の接客とトイレ掃除を徹底的にすることで、お客さまに気持ちよく店舗を利用していただく」という趣旨の発言をした。

ローソンの竹増貞信社長がトイレ掃除の重要性をアピールしています。10月9日に行われた2020年2月期第2四半期決算発表会見では、重点的な施策を紹介する際に「笑顔の接客とトイレ掃除を徹底的にすることで、お客さまに気持ちよく店舗を利用していただく」という趣旨の発言をしました。
お客さんが来る店舗にとって、トイレは大きなイメージの要因になります。飲食店なども同じで、いくらお洒落なお店でもトイレが汚いとイメージダウンになってしまいます。それほどトイレの存在は大きいと思います。
トイレが綺麗だと気配りができるお店だと井客は思います。それほどトイレの店舗イメージに与える影響はとても大きいです。
もしかすると、トイレの神様は女の子をべっぴんさんにしてくれるだけでなく、お店もべっぴんさんにしてくれるのかもしれません。
おすすめの記事
ブログ
  タレントの熊田曜子さん(36)が、幼い娘3人を児童館に連れて行ったところ、大人1人なら子供2人と制限されて入館できなかったとブログで報告...
インスタ
インスタグラムは何が特別だったのか この2、3年の写真共有アプリの市場はもはや狂乱状態に近い。1999年には、世界中で800億枚の写真が撮影...