・インスタグラムのアプリから直接商品を購入できる機能。

・アディダスCEOのカスパー・ローステッド氏は、これまでのところ費用を払うだけの価値はあったと語る。

・モバイルデバイスのコンバージョン率を大幅に高めることに成功した

 

アディダス(Adidas)のオンラインセールスにおいて、インスタグラム(Instagram)における販売の存在感が増している。

引用元

https://digiday.jp/brands/its-having-a-positive-impact-instagram-is-driving-adidas-online-sales/

 

アディダスがインスタグラムを使ってのオンラインの売り上げが、40%増と大きな成果がでました。

一部まだ見極めに時間がかかる という見方もありますが、モバイルデバイスにおけるコンバージョン率が高まったことは成功したようです。

 

インスタグラムを使ってオンラインの売り上げをあげることは、写真を活用する点から見ても想像はつきやすいことです。以前では、 カタログ誌を見て自分の欲しいものを探したり、商品がどんな見映えをしているのか確認をしていた。

 

それと同じ行動をインスタグ ラムはモバイルデバイスで可能にしました。さらに検索の機能があるので、欲しい商品を探すことも簡単にできます。 さらに、リアルタイムで新商品を告知できる点も、ユーザーニーズをくすぐる要因でしょう。

 

とても美しい写真を見ると良い商品に見えてしまうのは、誰もが感じることでしょう。

今までのすべてではありませんが時折あった、 胡散臭いコピーを読ませて購買に導く手法は、時代に合わなくなってきているのでしょう。

まず、見てくれで最初のイメージを作り、さらに詳しい内容を知りたい時に、コピーを読んでもらう順番で商品をアピールする。こ れは、男女の関係で交際相手を探す時と同じ手法ですね。

 

 

おすすめの記事
BLOG
  お笑いタレントの渡辺直美(31)が3月13日、新しくアメーバブログを始めることを報告。日本の芸能人のなかでインスタグラムのフォロワー数ト...
インスタ
    最近、イラついていることがある。僕は旅行が趣味で割とよく遠出するんだけど、そうすると景色のいい場所なんかでは、絶景をバックに何度も何...
Twitter
  「ダウンタウン」の松本人志(55)が15日、自身のツイッターを更新し「えーっ!今年も「笑ってはいけない」やるん?!」とツイートした。 こ...