30代40代が利用しているSNSは?

若年層を中心にInstagramなどのSNS利用が増えているが同調査では、30代40代の利用状況について調べている。利用しているSNS(メッセージアプリや動画サイト含む)について聞いたところ、全体でみると、YouTube等の動画共有サイト(58.4%)が最も高く、次いでLINE(51.1%)、Twitter(37.1%)、Facebook(33.0%)、Instagram(22.2%)という順になった。

YouTubeとInstagram は、属性による差があったようだ。YouTubeの利用率は、男性が30代で66.7%、40代で67.7%となり、一方、女性は30代で52.5%、40代で42.4%となり、男性の方が多く使われている。またInstagramの利用率は、30代女性が35.6%となり、同世代の男性や40代の同性と比較しても高くなっていた。

インスタやTwitterへの投稿頻度は?

調査では閲覧していると回答したSNSでの投稿頻度についても聞いており、ここではTwitterとInstagramをピックアップして比較されている。Instagramに毎日投稿する人は、28.2%であるのに対し、Twitterに毎日投稿する人は41.3%となり、その差は13.1ポイントとなった。Instagramは「インスタ映え」という言葉にも象徴されるように写真の質などを考えながら投稿する人が多いため、投稿のハードルがTwitterと比較して高いとの推測も成り立つ。

インスタではなにを見る?

日常的にInstagramを利用している人に、Instagramで見たり、情報を探したりする分野について聞いている。男性は、上位3位が「著名人(44.1%)」「旅行・景観(37.3%)」「趣味(35.6%)」「エンターテイメント(35.6%)」の順になり、女性は「著名人(45.5%)」「料理・レシピ(40.9%)」「旅行・景観(36.4%)」の順になった。

男女差が大きかったものは、「エンターテイメント」「家電」の分野だった。「エンターテイメント」分野は男性が35.6%、女性が20.5%となり、15.1ポイント男性のほうが高くなり、「家電」分野では、男性25.4%、女性4.5%と、20.9ポイント男性のほうが高くなった。ビジュアル情報がメインとなるInstagramで、家電の情報収集をする男性が多いことから、家電も外見・デザインを重視する男性が増えているとも考えられる(同設問の「女性」については、サンプル数が少ないため参考値)。

30代40代のSNSとの付き合い方が明らかに

調査結果にあるように、30代40代が利用しているSNS(メッセージアプリや動画サイト含む)は、1位がYouTube等の動画共有サイト、2位LINE、3位Twitter、4位Facebookだった。また同年代がInstagramに毎日投稿する人は28.2%、 Twitterに毎日投稿する人は41.3%で、Twitterの投稿頻度の方が高い結果となった。さらに同年代がInstagramで見る情報は、男女とも「著名人」についてが最も多い結果となった。

すっかり生活に溶け込んでいるSNSだが、そのサービスや性別によってかなり動向に差があることも今回また明らかになった。特に30代40代は働き盛りであり、家庭を持ち子育てにはげむセグメントでもあるので、マーケティングを考える上でも非常に興味深い結果と言えるだろう。SNSへの広告出稿やマーケティング施策考えるEC事業者にとっても大いに参考にできるのではないだろうか。

 

引用元

https://ecnomikata.com/ecnews/22075/

なんだかんだ利用者が多いですね。

やはりかなり流行ってますね。

おすすめの記事
ブランディング
いわゆる「ナンパ塾」の講師の男性らが、泥酔させた女性を暴行した疑いで逮捕された事件で、検察は、2人を不起訴にした。 自称、会社経営の男性(3...
企業
  週刊ダイヤモンド2018年11月17日号は「お得×旨い×テック 外食新格付け」です。今、外食産業はITやテクノロジーの浸透で環境が激変し...
Instagram
  女優の伊藤沙莉が20日、自身のインスタグラムを更新し、メガネ姿の写真を投稿。イメージとは違うメガネ女子姿にファンからは「可愛すぎ~!」「...
インスタ
    日本の近代化を支えた産業遺産が多くある川崎市臨海部の工業地帯で「インスタ映え」のスポットを巡るバスツアーが11月に開かれる。川崎区役...
Twitter
  ツイッターを「武器」にした男 トランプ大統領(※以下、敬称略)はこれまで政治を牛耳ってきた官僚機構や大企業、マスメディアを否定、あるいは...