・とんねるずの木梨憲武がインスタグラムに公開している「職業なりきり写真」が話題になっている。
・木梨のアカウントのフォロワー数は60万人を超えている。
・相方である石橋貴明も最近、インスタグラムを始めた。6月20日に公開された最初の記事では「友達作りのためにインスタはじめました。」と宣言。

 

現代におけるユーチューバーの先駆けのような存在だったのではないかと思う。 『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了して、彼らがテレビ以外の場所にも新しい「遊び場」を求めるのは決して不思議なことではない。 とんねるずとは、既存の枠組みを乗り越え続ける「永遠の越境者」だからだ。

とんねるずの木梨憲武がインスタグラムに公開している「職業なりきり写真」が話題になっています。木梨が美容師、ガソリンスタンドの店員、ジムトレーナーなどさまざまな職業の人間に扮して、働いているときの様子を写真に収めています。中には、銀座のホステス、京都の芸姑さんなど、女装姿の場合もあり、すでに40種類以上の職業になりきっています。
いずれの写真も相当な手間をかけて作られているのが感じられる。木梨のアカウントのフォロワー数は60万人を超えている。
相方である石橋貴明も最近、インスタグラムを始めた。6月20日に公開された最初の記事では「友達作りのためにインスタはじめました。」と宣言。
とんねるずは、もともと「お笑いスター誕生」の出身で、芸風もクラスの中のお調子者のポジションで笑いをとってきました。まさしくそれは、現在のユーチューバ―に通じるものがあります。
そのノリで笑いを取る方法は、一部の方から反感を買ってしまうこともありした。その点も、ユーチューバ―に近いと思います。
とんねるずも年齢からすると、地上波TVでのレギュラーが厳しくなっていることを考えると、インスタグラムを使って新しいジャンルを開拓してくれることを期待したいと思います。とんねるずのパワーは、まだまだ弾ける力があると思います。
インスタグラムを使った、大人の遊び方を見せてくれることでしょう。

 

おすすめの記事
未分類
  富士急山梨バス株式会社の前身は1991年1月創業の「富士急都留中央バス株式会社」で、その後2002年に社名を「富士急山梨バス株式会社」に...
インスタ
  文部科学省で事務次官を務めた前川喜平氏が、読者からの質問に答える連載「“針路”相談室」。今回はインスタグラムのフォロワーを増やすために買...