・30日の米朝首脳会談はこれまでの外交の常識を覆すトランプ米大統領のツイッターで始まった。
・「もし金委員長がこれを見ているなら、非武装地帯(DMZ)で握手してあいさつする用意がある!」
・日本の外交当局者らも今回の米朝会談の経緯を「ツイッターで知った」と口をそろえる。

 

「もし金委員長がこれを見ているなら、非武装地帯(DMZ)で握手してあいさつする用意がある!」。 20カ国・地域首脳会議(G20サミット)出席のため大阪に滞在していたトランプ氏は29日朝8時前にこう投稿し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長にラブコールを送った。

30日の米朝首脳会談はこれまでの外交の常識を覆すトランプ米大統領のツイッターで始まった。
「もし金委員長がこれを見ているなら、非武装地帯(DMZ)で握手してあいさつする用意がある!」とツイートをしました。
午前10時半すぎから始まったサミット第3セッションの前、トランプ氏は韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に近づいて「ツイッター見た?」と尋ねた。文氏が「はい」と応じると、トランプ氏は「一緒に努力しよう」と言って親指を立てた。
会談は30日午後、金正恩氏への呼びかけから丸1日あまりで実現した。
ツイッターで、呼びかけてから1日で、二人の会談が実現したのです。
これからの外交方法を変化させるような、大きなできごとではないでしょうか。
各国のトップクラスの人たちが、気軽にツイッターで呼びかけて会えるようになるのは、決して良い事ばかりではないでしょう。
まして、取り巻きの方々は、とんでもない状況にバタバタで困惑していると思います。
ただひとつ残したことは、ツイッターの力を、世界に誇示することができたのではないでしょうか。
それこそが、トランプ大統領の思惑でもあるような気がします。
おすすめの記事
企業
  2015年という年が日本企業にとってどういう意味を持つか、皆さんはご存じだろうか? 実は総務省が1920年に国勢調査を開始して以来、初め...
ブランディング
  年の差カップルも珍しくない現代ですが、20歳上の彼氏と結婚となると、子どものことや老後の生活などで不安になるかもしれません。 ですが、年...
企業
  就活は、「空前の売り手市場」と報じられている。確かに、就活関連掲示板では複数の内定を得たとの報告も少なくない。だが、数字を冷静に分析する...
インスタ
逆ナンした大学生の家に居候中  Mさんは、20代前半の女の子とは思えないくらい落ち着いた語り口だった。明るい茶髪に黒い爪。胸元の開いたレース...
BLOG
  プロゴルファーでタレントの東尾理子が、夫である俳優・石田純一の65歳の誕生日を家族で祝ったとのブログを更新。微笑ましいエントリーとなった...