・2019年7月12日(日本時間)、一部のユーザーがツイッターにアクセスできなくなる障害が発生した。
・同日早朝4時ごろから障害は発生していたが、J-CASTニュース編集部では5時ごろまでに復旧を確認。
・早朝4時台には、フォロー・フォロワー数ともに「-1」

 

4時台、スマートフォンからツイッターへのアクセスを試みたところ、フォロー・フォロワー数ともに「-1」と表示される現象がしばらく続いた。 5時ごろにアクセスすると、表示は通常の状態に戻っていたのが確認できた。

2019年7月12日(日本時間)、一部のユーザーがツイッターにアクセスできなくなる障害が発生しました。
同日早朝4時ごろから障害は発生していたが、J-CASTニュース編集部では5時ごろまでに復旧を確認。稼働状況を伝えるツイッター社のステータスサイトによると、原因は「内部構成の変更」だとのことです。
今回発生した障害との関係は不明だが、フォロー・フォロワー数ともに「-1」と表記される不具合も見受けられたとのこと。
ツイッターにアクセスできないことはトラブルですが、フォロー・フォロワー数ともに「-1」と表記されることは不具合で驚いた人がたくさんいたようです。
皆が一生懸命に集めたフォローとフォロワー数がマイナスになることは、長年やってきた人には、今までの時間を返してくれと言いたくなる出来事なのでしょう。
その数がステータスのようになっているからなのでしょう。でも一度マイナスにしてみて、やり直してみるのも面白いのではないでしょうか。
本当のフォロワーがどのくらいいるのかも分かるかもしれません。
しかし、1時間ほどでもとにもどったようで、胸をなでおろした人がたくさんいたことでしょう。
おすすめの記事