こんにちは、都築寛史です。

 

・亭主関白、友達夫婦、カカア天下など、夫婦の在り方は時代と共に変化してきました。
・明治安田生命が夫婦に関するアンケート調査を実施し、夫婦生活を漢字1字で表したトップ3を発表しました。
・1位は「忍」、次いで「楽」、「和」、「愛」、「幸」という結果になったとのことです。

 

結婚年数と共に変化していく夫婦の関係。しかし、結婚40年目を超えると、夫婦生活を表す漢字に「愛」が再ランクインすることからも分かるように、夫婦間で直面する様々なできごとに耐え忍びながら乗り越えた先には、真の愛情が待っているのかもしれない。

 

明治安田生命が夫婦に関するアンケート調査を実施して、夫婦生活を漢字1字で表したトップ3を発表しました。1位になったのは「忍」でした。 結婚の年数と共に変化していく夫婦の関係が結果から表れていて、結婚40年以上になると、夫婦生活を表す漢字に「愛」が再ランクインしています。そこから夫婦間で直面する様々なできごとに耐え忍びながら乗り越えた先には、真の愛情が待っているのかもしれないとのことです。
ここで「忍」が表すことは、夫婦間で直面する人生の出来事もあるかもしれませんが、お互いに対しての忍もあるのではないでしょうか。ある時期から、相手に対して忍耐することが多くなる、お互いそんな年齢があると思います。
それでも、愛が再度ランクインすることはないのでしょうか。
結婚10年未満の1位は「楽」で、結婚早々の時期を表していると思います。しかし、この「楽」は、楽しいなのでしょうか、ラクなのでしょうか、読み方によって異なった意味合いになってしまいます。
総合順位の2位以下に、楽、和、愛、幸という結果になっていて、順調な結果が表れていて、結婚について安心できる結果になっているなと思いました。

おすすめの記事
未分類
    あと1か月で、企業の採用活動がいよいよ本格化。エントリーシートや就職説明会の受付が始まり、2020年卒の大学生らの「就活」シーズンが...