・予算がどのくらいのビアガーデンなのかを調べる。
・ビアガーデンの雰囲気や料理を事前に調査する。
・お店のカラーを把握したうえで、一緒に行く人のニーズにあった場所を選ぶことが大事です。

 

お店のカラーを把握したうえで、一緒に行く人のニーズにあった場所を選ぶことが大事です。たとえば、デートで『夜景の見えるビアガーデン』に振り切るのもいいけれど、『昔ながらのザ・ビアガーデン』を味わいたい人もいるかもしれない。

ビアガーデンの選び方をコンサルが教えてくれています。予算は、4000円から5000円が安心ゾーンで、一緒に行く相手次第で場所を選択しましょうとのこと。
そもそも居酒屋でなく、ビアガーデンに行く目的は暑気払いで気軽に大勢で呑みに行く時に選ばれる場所としてあるのではないでしょうか。5000円の予算があったら、居酒屋でエアコンが効いた部屋で十分呑める金額です。
それで、ビアガーデンが選ばれる条件は、安くなくてはいけないと思います。騒がしい場所で、汗を拭きながらビールを呑んで、金額が高いのであれば、何のためにビアガーデンを選択したのか分からなくなってしまいます。
以前は、ビアガーデンでイベントが開催されたりしまして、ビールを呑みながらイベントを楽しむ時代があったようですが、それが本来のビアガーデンであると思います。つまみは枝豆程度のものしかなく、とりあえずビールの前哨戦がビアガーデンだったと思います。
以前にもジンギスカンを楽しめるようなビアガーデンもありましたが、それも特別高い料金ではありませんでした。
接待や特別の人と行く場所は、ビアガーデンではなく、テラスでお酒が飲めるお店なのだと思います。
おすすめの記事
企業
日本の社長の平均年齢は59.7歳――。企業調査会社の帝国データバンクがこんな分析結果を発表した。 日本の社長の平均年齢は59.7歳で、高齢化...