生活保護費計59万円を着服したとして、千葉市は9日、中央区保健福祉センターの主事(25)を免職とするなど計5人を懲戒処分とした。

発表によると、主事はケースワーカーとして担当する生活保護受給者1人の保護費のうち、2017年7~11月分を着服した。本人に渡すべき支払い通知書を入手し、銀行に提出して現金を受け取っていたという。市は監督責任を問い、上司の男性課長(60)と男性課長補佐(50)を減給10分の1(1か月)、当時の上司だった市教委事務局の男性主査(47)を戒告とした。

 また、子供が病気の際などに利用できる看護休暇を9回にわたって不正に取得したり、勤務時間中に計292回、ツイッターへの投稿を行っていたりしていたとして、市民局の男性主任主事(37)を停職3か月とした。

引用元

https://www.yomiuri.co.jp/national/20190110-OYT1T50040.html

勤務中にツイッターをやる分には構わないと思いますが、それよりももっとやってはいけないことをやってますね。

態度を改めて頂けたらと思います。

おすすめの記事
血液型
■浮気、遅刻しがちなのは? あくまでも番組調べの統計上、断言はしないとしたうえで、さまざまな調査が実施されていく。 「よく遅刻する」血液型は...
ブランディング
子どもが生まれたら、離婚していいからーー。こんな約束を信じて結婚した男性が「相手が離婚してくれない」と、弁護士ドットコムに質問を寄せました。...
Instagram
  ラブラドール・レトリバーやシェパードなどの、いわゆる大型犬。 日本では住宅事情などの関係から、飼われているご家庭は少ないようです。 しか...
未分類
  AR(拡張現実)アプリ「セカイカメラ」やウェアラブル機器「テレパシー・ワン」で世間を驚かせた井口尊仁氏。事業としては失敗したが、再び起業...