社員に就業時間中の喫煙を禁じる企業が増えている。「たばこ休憩」に伴う生産性の低下が解消できるだけでなく、社員が健康になれば、医療費などの社会保障負担の軽減につながるからだ。たばこへの批判は強まる流れにあり、喫煙を禁止する企業はさらに増えそうだ。

 太陽生命保険は今年6月までに、本社や全国約150の支社・営業所にあった喫煙所やスペースをすべて廃止した。全社員の約3割に当たる約3000人が喫煙者だったが、全員が社内では禁煙しているという。営業厚生課の人見和之さん(30)は「業務中に喫煙しなくなったので効率的に仕事に取り組めるし、健康意識も高まった」と話す。

 島津製作所も10月から、昼休み休憩の前後計2時間を禁煙とし、2020年春以降はすべての就業時間中に拡大する。

引用元

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181110-OYT1T50145.html

タバコ休憩で、一休みして効率が上がると思ってました。

実際は違ったかもしれません。

おすすめの記事
株式会社
   10日、兵庫県警捜査3課と生田署は繁華街で泥酔者らを狙って盗みを繰り返したとして、奈良市在住の無職の男3人(いずれも24歳)を窃盗容疑...
Instagram
  ビクトリアズ・シークレットは、インスタグラムにモデルのバーバラ・パルヴィンの写真を投稿した。 インスタグラムのユーザーたちは、ビクトリア...
ブログ
  女優でタレントの足立梨花(26)が16日、昨年11月26日以来11カ月ぶりに自身のブログを更新。この日26歳の誕生日を迎え、ファンや関係...