・夫婦円満が続き、定年後を有意義に送るために、これまでの生き方を見直し、“大事“と思っている言動を捨てることが求められます。
・家事で、業者を使って負担を減らすと、時間が増える。
・今は人生100年時代。定年後に稼がず、ぐうたらしてる男は、お荷物以外の何物でもない。

 

一日中家にいながら、文句ばかりで家事も手伝わないような旦那は、奥さんに捨てられると覚悟したほうが良いだろう。世は人生100年時代。定年後に稼がず、ぐうたらしてる男など、お荷物以外の何物でもない。

夫が定年退職をして家にいるようになって、トラブルにならないようにする為に必要なことが紹介されています。
家事を業者にお願いして、時間をつくる。そのためにも、今まで大切にしていたルーティンやこだわりを捨てることが必要です。
家庭の中に、今までを持ち込んではいけないのでしょう。会社は会社のルールがあるように、家庭には家庭のルールが存在するのです。
そこで長い時間を過ごすことになるのですから、そこのルールを守るように努めないといけないのです。
家事を業者に依頼して、家事を楽にすることは、ルンバなどの電気製品を活用することと同じです。お金が必要になることかもしれませんが、これで時間が増えることは喜ばしいことだと思います。
それが嫌な人は、仕事が無くても残業をするような無駄を好む人なのです。
おすすめの記事
企業
    業務に追われ気がついたらいつの間にか深夜。1日24時間では足りないと思っている方、多いのではないでしょうか。今回の無料メルマガ『がん...
未分類
  ■年齢別イヤイヤ期の接し方は?イヤイヤ期とひと口に言っても、子どもの年齢によってイヤイヤの原因も違ってきます。そのため、接し方も子どもの...