多くの経営者は、どうすれば強い財務体質の会社になれるかと悩んでいる。財務体質を強化するには、自己資本を充実させる必要があるが、増資をしたり収益を上げるのは容易ではない。しかし、増資も事業拡大もしないで、自己資本を高める方法があるという。それは「銀行取引」を見直すことだ。銀行から押しつけられている悪条件を解消するだけで、財務体質を改善して自己資本を高めることができるのだ。『社長!カネ回りをよくしたければ銀行の言いなりはやめなさい』の著者に、銀行取引と財務強化のポイントを聞く。

イヤな顔をされても、
ひるんではいけない

銀行は、お金という商品を調達する1つの仕入業者にすぎません。

仕入業者や取引業者に接するのと同じように、銀行に対応すればよいのですが、それがなかなかできません。相手が銀行となると、途端に頭が上がらないのです。

しかし、それは、経営者や財務担当だけではありません。

例えば、ある経営者に「余分な現預金があるなら、借入の返済に使いなさい」と言ったところ、その経営者から連絡がありました。

「税理士にその話をしたら、『繰り上げ返済なんかしたら、銀行がイヤな顔をしますよ』と言われました」

つまり、銀行にイヤな顔をされるとよくないから、繰り上げ返済などしないほうがいいと、税理士はアドバイスしたわけです。銀行にイヤな顔をされるとよくないというのは、そんなことをしたら借りられなくなると思っているのでしょう。

もちろん、繰り上げ返済をしようとすれば、銀行はイヤな顔をします。イヤな顔をするのは、銀行の担当者です。繰り上げ返済は、銀行員にとってマイナスポイントになります。銀行担当者がイヤな顔をするのは当然なのです。

しかし、そんなことは銀行にかかわらず、どの業界でも同じです。

材料の仕入業者でも、よそに変えると言ったら、「ハイ、喜んで!」とは答えてくれません。イヤな顔もすれば、抵抗もします。当たり前のことです。それでも、必要ならば、業者を変えます。

「イヤな顔をされるから、やめておこう」などとは誰も思いません。

銀行が強い時代は
もう終わった

それに、銀行を取り巻く環境は、かつての貸す側が強い時代とはまったく逆になっています。そのことを知らずに、アドバイスをする税理士がいるなら、それは単なるミスリードです。

昨今の銀行交渉の要点について、会計事務所の人は詳しくありません。というよりも、銀行交渉のことなど知らないのです。銀行借入などしたことがない税理士がほとんどなのですから。

今どき、繰り上げ返済をしたから、次は借りられないといった話は聞いたことがありません。銀行担当者も、転勤でコロコロ代わります。財務状況がよい会社なら、過去に繰り上げ返済があろうと、また借りてほしいと思っています。

ミスリードをするような会計事務所に翻弄されないように、経営者自身が経営のトレンドを学び続けていくしかありません。

普段、仕入業者や取引業者には、どのように接していますか。

「もっと安く!」「もっといい条件で!」と駆け引きを行っているはずです。まさしく、それが交渉です。

相手が銀行だからといって、態度を変える必要はありません。ほかの業者と同じように接するだけです。銀行に対する控えめな姿勢は、必ず銀行に見抜かれて、銀行の望む条件で言いくるめられてしまうでしょう。

考えてもみてください。今なぜ、こんなにも低金利なのでしょうか。

大きな転機は、第2次安倍政権が発足した2012年です。デフレからの脱却が、安倍政権の掲げたスローガンでした。その際、「アベノミクス」という3本の矢が放たれました。その1本が「金融緩和」です。

お金を市中にどんどん流し込めば、企業は設備投資をどんどんして稼ぎ、その儲けを従業員の給与に反映させ、一般消費にお金が流れ込んでデフレから脱却できる、と考えたのです。

しかし、その思惑どおりにはなりませんでした。デフレは続いています。銀行にはお金が余り、融資先をライバル銀行と奪い合っているのです。

その結果、借入金利は低くなってしまいました。銀行を取り巻く環境は、1990年代と比べると、180度変わっています。しかし、そのことに気づいていない経営者が実に多いのです。

 

引用元

https://diamond.jp/articles/-/194871?page=3

昔は頭が上がらなかったかもしれませんが、今はそんなことないですね!!

 

おすすめの記事
ツイッター
  生活保護費計59万円を着服したとして、千葉市は9日、中央区保健福祉センターの主事(25)を免職とするなど計5人を懲戒処分とした。 発表に...
BLOG
  欅坂46・長濱ねる(20)が7日、公式ブログでグループ卒業を発表した。「突然のお知らせになってしまうのですが、8枚目のシングル(発売中の...
インスタ
インスタグラムは何が特別だったのか この2、3年の写真共有アプリの市場はもはや狂乱状態に近い。1999年には、世界中で800億枚の写真が撮影...
企業
  ブラック企業の定義はいくつかありますが、なかでも従業員に金銭的な負担を強いることで問題視されているのが“商品の自腹買い取り”。 会社側は...