CS-Cは10月9日、同社が運営する飲食店コンサルティングシステム「C-mo(シーモ)」に、名古屋大学発のAIベンチャーであるトライエッティングと共同開発した、AIで売上を予測する「売上予測ボード」機能と、広告プランを最適化して自動で広告出稿する「プランニングボード」機能を追加したと発表した。

飲食店コンサルティングシステム「C-mo」に、AIで売上を予測する「売上予測ボード」機能が追加
飲食店コンサルティングシステム「C-mo」に、AIで売上を予測する「売上予測ボード」機能が追加

C-moは、飲食店などのローカルビジネスをテクノロジで成長させていく“EATech(イーテック)”システム。飲食店1万店舗のコンサルティング実績から得たデータを定量化・アルゴリズム化し、デジタル上に社外CMO(最高マーケティング責任者)を立て、コンサルティング・マーケティングを一任できることが特徴だ。

これにより、通常マーケティングに人件費を割くことができないローカルビジネスにおいても、簡単にデータに基づいた経営戦略を立てることができ、集客強化・人件費削減・工数削減を促進できるという。また、予測AIアルゴリズム、リサーチ、指数閲覧、作業代行、分析、ウェブサイトの作成・運営などの機能を搭載している。

新たに搭載された売上予測ボードは、AIを活用することで正確に店舗の売上を予測できる機能。売上予測の精度は約90%だという。従来、飲食店において売上予測は難しく、当月になるまで把握ができなかったが、この機能により予算とのギャップを事前に把握でき、ギャップを埋める広告プランニングが可能となる。また、無駄な発注やシフト作成のブレを軽減でき、飲食店の業績向上に貢献できるとしている。

同社では今後、約5万店舗以上にC-moを導入したいとしている。引き続き、マーケティングプラットフォームとして展開し、ローカルビジネスにおけるインフラとなることを目指すという。

 

https://japan.cnet.com/article/35125817/

飲食のコンサルティングは幅広いですよね。飲食店の大幅なロスは人件費ですね。これをいかに減らしていくかによってお店の利益は上がっていきます。単純に毎日数字を追うことが出来るので、わかりやすいですね。

 

おすすめの記事
血液型
  エッチの時に「彼は私のこと本気で好きなのかな……」「彼は感じてくれてるのかな?」と思ったことありますよね。 でも、なかなか恥ずかしくて聞...
未分類
  毎朝痴漢される」 娘の告白に血の気が引く 娘の様子がおかしい。なんだか元気がない。笑顔は見せているものの、無理しているように見える。 「...