・アメリカ・ニューヨークなどで、はやり始めている新しい飲食業態「ゴーストレストラン」。
・日本でも増えてきている「実店舗がない」、「オンライン注文のデリバリー専門店」。
・はたして、日本で定着するのか。

 

今、アメリカ・ニューヨークなどで、はやり始めている新しい飲食業態「ゴーストレストラン」。 「実店舗がない」、「オンライン注文のデリバリー専門店」で、日本でも増えてきている。

今、ニューヨークではやりはじめている新しい飲食業態「ゴーストレストラン」が、日本でも増えてきています。実店舗がなく、オンラインで注文を取りデリバリーだけで、飲食店を運営する方法です。
このシステムを利用すると、自宅や職場で美味しい料理を食べることができます。とても素晴らしい方法だと思います。
このシステムの利点は、開業資金が少額で済み、間借りする場所によっては同業の別店舗と協働することができます。また、撤退する時も簡単に可能なところもあり、手軽に開店することができます。
利用客からすると、店舗のないデメリットは、食事をする時の雰囲気づくりを味わうことができないことでしょうか。ただ、美味しい料理を食べたい目的だったら、それも必要のない事になります。
ピザの宅配がこれだけたくさん営業をしているので、同じ仕組みで別の料理を楽しめることは、とてもいいことだと思います。
お店の優劣は、料理の味が一番の要素だと思いますが、価格も重要なポイントになります。まして、一人住まいの高齢者が増えていくこれからを見ると、価格によって頻度が変わってくるでしょう。そうなると、材料の仕入れを安くすることが可能な大企業が進出してくるのでしょう。
おすすめの記事
ブランディング
照れ屋で「感情表現が苦手」 「夫は最初、なんて不愛想な人なんだろう……という印象でした。でも、食事に誘ってきたので、一回だけ行ってやるかと、...
Instagram
    モデルの益若つばさが4日、自身のインスタグラムを更新。アップした自撮り写真が「別人すぎる」と話題になっている。 ■頬が腫れて「別人」...
BLOG
  (CNN) 2016年2月にホワイトハウスを訪れ、当時のオバマ前大統領夫妻と会えたうれしさに踊り出して話題を呼んだ黒人女性が今週、元気に...